上田綺世、不発

スポンサーリンク

昨日の試合、非常に残念でした。

EAFF E-1サッカー選手権2019で、なでしこJAPANとのW優勝を期待していたのですが、負けてしまいましたね。

前半から押し込まれるシーンが目立ち、相手の地力の強さを痛感しました。

今大会全3試合出場も無得点…FW上田綺世「もどかしさはすごく感じた」

日本代表は、18日に行われたEAFF E-1サッカー選手権2019で韓国代表と対戦し、01で敗れて3大会ぶりの優勝を逃した。

 1トップに入ったFW上田綺世(鹿島アントラーズ)はノーゴールに終わり、「言い訳を探せばたくさんあるし、FWとしてボールが来なかったからというのは試合結果としては関係ないことだし、取るか取らないかの二択だと思う」とコメント。「僕は取れなかったけど、クリスティアーノ・ロナウドが入っていたら取っていたかもしれないし、その方法は僕には見つからなかったという感じです」と話した。

引用元

 

上田が前線で孤立するシーンが目立ったのは事実です。

前線からプレッシングをかけても一人だけなのでボールを奪うことはできないし、
二列目より後ろは押し上げて来ないので、さすがにこれでは厳しいだろう、と思いましたよ。

後半になって少しずつ改善して、押し上げができるようになり、相馬の投入で左サイドを制圧するようになるとチャンスが増えて行きましたが、ゴールには至りませんでした。

なんとも残念な内容と結果でした。

悔しいなあ、本当に残念。

終わってしまったことは仕方ない。

まだ大学生とはいえ、すでにプロ入りしているわけですし、日本代表ですから結果を求められるは当然です。

しかも五輪世代を中心とした編成ではあるものの、A代表で先発した以上は厳しい目が注がれるのは避けられない。

ノーゴールという結果に終わってしまって、五輪への生き残りに課題が出来てしまいましたが、天皇杯で鬱憤を晴らして欲しいものです。

このままでは終われない、頑張れ。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク