天皇杯準決勝 鹿島v.s.長崎

スポンサーリンク

ふぅ〜。なんとか無事に長崎に勝利しました

先制しオウンゴールで追加点を挙げて「よし」と思ったもの、長崎が一点を挙げて追い上げて来ました。

序盤は押し込んでいた鹿島は徐々に手倉森監督の術中にハマって行くような感じで、攻撃に手詰まり感が見えていましたね。

見ていて不安が募りましたけど、名古が活性化というかアクセントを付けて奮闘してくれてましたね。

鹿島は途中までボールを運べるものの、バイタルエリアに差し掛かった後の迫力がありませんでしたが、名古のドリブルは見ていて得点の可能性が見えました。

それにしても長崎は攻撃のパターンというか約束事が出来ていたし、引き出しもあるので手倉森監督の手腕はやはり凄いなあ、と思いました。

過去に仙台を躍進させたその指導力は健在でしたね。

本当に危ない試合でした。というか、長崎はとても素晴らしいチームでした。

 

とにかく、これで新しい国立競技場のこけら落としである天皇杯決勝に進出することができましたので、今季最後の試合に万全のカタチで挑みたいところですね。

さて、久しぶりの元旦決勝になります。応援する側も、しっかり万端のカタチで挑みましょう。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク