「鹿島で始まり鹿島で」なんてことにはさせないようにしよう

スポンサーリンク

神戸の藤本憲明選手にこのような発言をされてしまいました。

「自分とすれば2019年シーズンは鹿島(戦での初得点)で始まり、鹿島(との天皇杯決勝)でゴールすれば最高。ゴールで終わりたい」と最高のシナリオを描き、最後は冗談ながら「鹿島はタイトル何個持ってるねん、神戸に勝たしてくれへんかな」と笑いを誘っていた。

今季は2試合でゴールを藤本選手に決められている鹿島ですので、彼にとって見れば鹿島は「お客さん」というか、お得意先と言った印象なのかもしれません。
実際に速いですし、ゴールへの嗅覚も抜群な選手ですので、彼を抑えるためには相当苦労すると思いますが、しかし、彼を抑えないと勝ちが見えて来ないでしょうし、このままシーズンを終えてしまったら、来季も「お得意さん」という印象を与えたまま迎えてしまうことになります。
守備陣にはぜひともきっちり抑えて同じ轍を踏まないようにように頑張って欲しいです。

引用元

とにかく勝ちましょう。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク