鹿島は新国立競技場の下見はした模様

スポンサーリンク

いやあ、ぶっつけ本番で新国立競技場で試合に挑むのかと思ってしまいましたよ。

しかし、前日練習をした後に移動して下見をしたそうです。

鹿島は普段通り、鹿嶋市内で前日調整した。国立競技場での練習も可能だったが、時間指定や制限時間が設けられていることなどから、親しみ慣れたクラブハウス横のピッチで最後の練習を行った。大岩監督は「カギはボランチの2人。我々はミドルゾーンで主導権を握ることができると思う。前回対戦(11月30日、1●3)とは違うゲームになるのでは」。練習後には都内へ向かい、新しい国立競技場を下見した。

時間指定と制限時間が設けられていることで十分な調整ができないから、だったそうです。
納得の行く調整か、試合会場の確認かを天秤にかけて、鹿島は前者を選択したわけですね。
見学のみというのは、それはそれで不安は残りますが、勝てばこの選択が正解だったことになりますので、なんとしても勝って欲しいです。
大岩監督が「カギはボランチの2人」と言っているので、レオを三竿が出場可能だと思っていいのではないでしょうか。
この二人がいることは心強い。
なんとしてもベストな布陣を組んで勝利を掴み取ろう。

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク