内田が示した強者の定義とは

スポンサーリンク

「強くなって勝つんじゃなくて、勝って強くなる。俺が思うに、結果が先なんだよ。勝たないと強くならない。強いから勝つんじゃなくて。勝たないと強くならない」

サッカーダイジェストのインタビューで内田が言っているように、勝つことで強くなったのが鹿島。

強いから勝つのではなく、勝ったから強いということ。

昨シーズンで小笠原満男も同じことを言っていました。
今季は特にそれを実感するシーズンになってしまいましたね。

どんな勝負でも勝たなくていけない、勝つためにはコーナーキックを入れずにショートコーナーにして、コーナー付近でキープしてでも時間を稼ぐ。
勝つためにはどこまでも貪欲で、目の前の勝利のために力を注ぐのが鹿島でした。

小笠原満男はその試合のキーとなる選手を早めに潰しに行くことで相手から自由を奪っていましたが、それも鹿島イズムがあったからこそ。

そんなシーンが今年はあまり無かった気がします。

来季はどんなチームになるのか、そしてキャプテンは誰がやるのか、始動日まで目が離せません。

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク