天皇杯決勝の採点&評価と来季への取り組み

スポンサーリンク

もはや振り返りたくもないですが、やっぱり報知の採点&評価は勉強になるので、2019年最後の評価を見てみたいと思います。

大岩剛監督【5・0】ミスでの2失点の矛先が指揮官に向くのは間違い。3バックの博打は流れこそ変えたが功を奏せず

GKクォンスンテ【5・5】1失点目は触っていただけに…。田中順也の決定機は読みで正面セーブ

DF永木亮太【5・0】入れ替わられて先制点献上。ファーに山本と町田が控えた後半はもっとクロスを上げたかったが、酒井高徳の馬力に沈む

DFブエノ【5・0】周囲にミスが続いた時に不機嫌になっているようでは鹿島のCBは務まらない。愛ある喝、鼓舞する檄、顔を上げさせる励まし、やりようはいくらでも

DF犬飼智也【4・5】オウンゴールは致し方なしも、2失点目に直結したクリアミスは痛恨

DF町田浩樹【5・0】前半は熟練の西大伍に手玉に取られ左サイドが機能不全に。3バックの後半はまずまず

MF三竿健斗【5・0】得意の守備でらしくないプレー続く。2点を追う状況で頼りになるボランチでは現状ない。伸びしろはまだまだたくさん

MFレオシルバ【5・5】開始10分間、緊張なのか全くボールが足につかず。結局ほとんどの決定機に絡むあたりはさすがだが、得点は演出できず

MF名古新太郎【5・0】対面の酒井高徳に押し込まれ、ほぼ唯一の突破場面も左サイドで。後半に無念の負傷交代

MF白崎凌兵【4・0】何もできないまま前半で退いたため、何も書くことがない。4―4―2のミラーゲームでは良さが出るが…

FWセルジーニョ【5・0】相手DFを褒めるべき場面は多々あったが、怖さを与えられなかったのも事実。来季は公式戦30発は欲しいところ

FW伊藤翔【5・0】後半からようやくボールタッチが増えてきたが時すでに遅しで途中交代

FW土居聖真【6・0】後半開始時IN。シャドーの位置で孤軍奮闘も実らず

MF山本脩斗【5・5】後半8分IN。名古の負傷により左WBで緊急出場も存在感は示せず

MF中村充孝【―】後半27分IN。出場時間短く採点なし

両サイドの主導権争いに負けて、三竿の守備で力を発揮できず、
さらにレオのキックの精度が低く、おまけにFWが何もできない中でCBがミスして敗戦という試合でしたね。

完全なワンサイドゲームで完敗でした。
ここまで完全に負けた試合って本当に久しぶり。国立で柏と対戦した時にエジウソンにボコボコにされた時、あるいはナビスコの決勝で浦和のエメルソンと田中達也の快速コンビにズタボロにされた時以来じゃないかなって思います。(すごく昔の話ですけど)
どっちが勝つか分からないぐらいの手に汗握る闘いの末に負けたのであればまだ納得できたものの、昨日の試合は酷すぎました。
神戸に完全に破壊されて行く有様に本当に辛くてたまりませんでした。
崩壊したチームを見るのは本当にウンザリです。
今季はサポもスタジアムでSNSで問題を起こすわ、天皇杯の表彰式で関川とブエノが問題行動を取るわで、選手もサポも品位を落としました。
こんな壊れたチームとサポであってはいけないでしょう。
クラブはきちんとこの問題を解決して、(つまり処分を明らかにして)
その上でしっかりと立て直したチームで2020年はタイトルを取るべく動く必要があるのではないでしょうか。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク