ザーゴ新監督にトラブル発生

2020-01-05

スポンサーリンク

来週には始動するっていうのに、不穏な空気に包まれてしまってます。

ゲキサカによれば、ザーゴ監督はブラガンチーノとの契約がまだ残ってるとのことで、揉めている状況とのこと。

ブラガンチーノはクラブ公式ツイッター(@RedBullBraga)を通じて、「アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は2021年12月までレッドブル・ブラガンチーノと契約をしている(セリエA昇格後に更新されている)」と声明を発表した。

「契約解除による違約金について交渉されたが、合意に達していない。驚いたことに、彼自身のコメントとともに、鹿島アントラーズの公式発表を受けた。これは、監督自らの公的な辞任と理解した。したがって、契約解除事項が施行されるように必要なすべての措置を講じる」

なんだい?どうなっているんだい?
ブラジルのサッカービジネスっていわゆるパスとかいうわけのわからんシステムがあったりするので、あらゆる手を使ってお金を取ろうという文化がある印象がちょっとあります。
鹿島アントラーズとしては彼の契約について事前にどこまで調査していたのでしょうか?
なんだかいきなり法外な金額を請求されそうな気がしてなりません。
鹿島の財政にどんな影響が出るのか分かりませんが、果たして大丈夫かな?

とにかく予定通りチームが始動できることを願ってます。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク