積極補強の鹿島

スポンサーリンク

補強のニュースが次々に発表されています。

鹿島アントラーズは1月3日、4日の2日間で、クラブの公式ホームページにて選手の移籍、契約を立て続けに発表した。

新監督にザーゴ氏を迎え、ジーコTDと契約更新したのを皮切りにして、湘南から杉岡大暉を、横浜からは広瀬陸斗、ベガルタ仙台から永戸勝也を次々に完全移籍で獲得。さらに川崎から奈良竜樹を迎えるなど、DFに代表クラスの若い実力者たちを加えた。

川崎から加入の奈良は以下のようにコメントを発表した。

「川崎フロンターレから移籍してきました、奈良竜樹です。クラブの勝利のために全力で戦います。タイトル獲りましょう。よろしくお願いします」

 またブラジルからFWのエヴェラウドとMFのファン・アラーノを加えた。さらにクラブOBで元日本代表、前町田ゼルビア監督の相馬直樹氏もトップチームのコーチに就任し、以下のようなコメントを発表した。

「このたび、17年ぶりに古巣鹿島アントラーズで仕事ができることとなり、大変光栄に思います。ザーゴ監督をしっかりサポートし、チームのために全力尽くします。よろしくお願いします」

 コーチングスタッフとしては、やはりクラブOB2006年から鹿島のスタッフとしてスカウトやユース指導者として尽力してきた熊谷浩二氏も、トップチームコーチとして新たに就任する。

 4冠の可能性を残しながらも最終的には今季無冠に終わった鹿島。現在20冠の常勝軍団が8日のチーム始動へ向けて電光石火の動きを見せている。

上記のように「電光石火の動きを見せている」とサッカーダイジェストは報じていますが、オフが短いので矢継ぎ早に情報を出さざると得ないという状況なので仕方ないですよね。
というわけで、サポもオフでのんびりしてる場合ではなく、公式発表を見る度にワクワクしたりソワソワしたりしています。

CBに奈良が加入ということで、底上げが期待できます。
昌子・植田が抜けた後、犬飼や町田、ブエノが頑張ってくれていますが、スンヒョンが抜けてしまったこともあって、戦力ダウンは否めませんでしたが、奈良の加入は非常に心強い。
川崎と対戦する時はCBの奈良がどうにも手強かったので、味方になってくれて色んな意味で本当に助かりました。

そして、待望の相馬直樹、熊谷浩二の二人のコーチ就任ですよ。

これはたまりませんよ、マジで。

相馬は現役時代にポジョションを奪われた後にヴェルディに移籍して以来、なんだか鹿島と一線を置いているような印象があったので、「もう鹿島に帰って来ないんじゃないだろうか?」と寂しい思いでおりました。
いやあ〜、マジで嬉しい。
相馬直樹って言ったら、やっぱり鹿島っすよ。
そして熊谷浩二のコーチ就任は「ようやく来たか」って思いました。
ユースを率いて結果を出してる熊谷、現役時代は名ボランチでした。
ようやくですよ。「トップチームで!」と皆が思っていた熊谷のコーチ就任、これは楽しみ過ぎます。

常勝時代を築いた二人がトップチームのコーチということで、鹿島のDNAが現役世代に継承されることを期待しています。

いずれにせよ、監督としての手腕が未知数のザーゴ監督への保険にもなりそう。

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク