五輪代表レースに勝ち残るのは?

スポンサーリンク

五輪代表のレースが混沌とした様相を呈していますが、
杉山茂樹さんによると、FWの一番手は上田のようです。
しかし、実力者が揃う激戦区でもあるので、絶対的な存在とは言えないという評価でもあるみたいですね。

最後に1トップ。ここは上田綺世(鹿島)が一番手で、それを小川航基(水戸ホーリーホック)が追う展開だ。2シャドーの一角として出場することもある田川と前田もこちらの方が似合っている。E-1選手権では香港戦で小川がハットトリック。続く韓国戦も先発必至と思われたが、先発したのは上田だった。森保監督の評価の程が垣間見えた瞬間だった。

しかし、上田が特別な力を備えているわけでもない。1トップはオーバーエイジ枠を使いたいポジションになる。ズバリ、大迫勇也(ブレーメン)を招集できるのか。日本の成績はそれ次第といっても過言ではない。

法政大学のサッカー部を中退してプロの世界に飛び込んだ上田ですが、入団直後こそ輝きを放ったものの、
その後は鹿島で伸び悩んでしまったという印象が強いです。
鹿島アントラーズに入団するまでの前評判やプレイを見る限りでは、絶対的な存在感を抱かせる存在だったので、本人もこの状況は不本意に違いないでしょう。

赤崎も大学No.1ストライカーで鹿島に入ったものの、伸び悩んでしまった結果、移籍という道を選んでしまいました。
鹿島アントラーズはアタッカーの個性を伸ばすことが苦手なのかな、と心配していまいます。

自分の力を発揮できずに移籍して行った選手というのは、他の選手に遠慮して個性を出すのを控えてしまっていたのかもしれないな、とも思います。
だからどんどん自分から要求して、自分の得意なプレーを存分に出して欲しいものです。

大迫が鹿島で覚醒したのも、遠慮をせずに周りに要求を出して「俺が決める」という姿勢を前面に出すようになってからですもんね。
優磨や金崎については、最初から「俺が」という性格だったのも早くから活躍できていました。
やっぱり、FWはそれぐらいの姿勢で行かないと負けてしまうのかもしれません。

五輪の1トップ争いは、大迫も参戦することになりそうですので、上田は伸び悩んでなんていられません。
どんどん自分から要求して結果を出してポジションを掴んで欲しいです。

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク