犬飼、今年はタイトル奪取だ!

スポンサーリンク

昨シーズンは鹿島のレギュラーのCBとして奮闘するもタイトルを奪取できなかった犬飼ですが、今季も彼にかかる期待はとても大きいです。

「2019年シーズンは自分が中心になってやろうと意識していたし、責任感も感じていた。それをタイトルにつなげられなかったのは、『鹿島のセンターバック』として物足りないですね。鹿島のセンターバックである以上、今日みたいなミスはなくさなきゃいけない。(大岩)剛さんにも『どんな時でも堂々とした立ち振る舞いをしろ』とずっと言われてきましたし、それをこれからの成長で表現していくしかないと思います」

鹿島のCBと言えば、秋田から始まって、岩政、昌子、植田と、日本代表に選出される選手を輩出した誇り高きポジションです。
昨シーズンは犬飼が柱となって良い時も悪い時こチームを支えて来ました。
怪我で離脱して復帰した後は彼のパフォーマンスが振るわない時もあり、その影響でチームも勝てない時期がありました。
天皇杯決勝の2失点目のシーンは、彼にとって相当悔しいものだったことでしょう。
サイドステップの歩調が相手のパス(シュート?)のタイミングを合わなかったことで、敵への絶妙なアシストを演出してしまいました。
試合直後は批判の声も多かったかもしれませんが、サッカー経験者なら分かるんです、あのシーン。
絶対にやってはいけないのは百も承知なんですけど、一瞬のタイミングのズレでああいうことって起こり得るんですよね。
CBはミスが失点に直接繋がるため、敗戦の責任を押し付けられやすいポジションでもあります。
これはもう経験を次に生かして行くしかないわけなんですよね。
失点した分CBは成長するわけですから、天皇杯での悔しい経験をした分、今季はさらに精度の高い守備を犬飼は見せてくれるんじゃないでしょうか。
現状、CBは犬飼と奈良がコンビを組むことになるのかな、と勝手に想像していますので、昌子・植田コンビ以来の鉄壁ぶりを期待しています。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク