奈良は鹿島向きの選手とのこと

スポンサーリンク

鹿島の始動日となった昨日の記事があまり無くて寂しい思いをしていましたが、サッカーダイジェストさんに奈良の記事が掲載されていました。

 1月8日の鹿島アントラーズの始動日、今オフに川崎フロンターレから完全移籍で加入した奈良竜樹が、新天地でのスタートを切った。

「しゃべるのは得意じゃないから」と、ひとりで走っていた理由を明かす。オフ・ザ・ピッチも「静かにしているタイプ」だと言う。ただし、プレーする時は饒舌になる。負けず嫌いな性格も手伝って、チームが勝つためなら「言う時は言うし、(意見を)ぶつけ合う時には、ぶつけ合わなければいけないと思う」というスタンスだ。

 すべては勝利のために、このクラブでタイトルを掴むために。

「勝つためには、なんでもするじゃないけど、自分が嫌われ役になろうと、自分が犠牲になろうと、チームが勝つっていうところに常にフォーカスしてやってきたつもりなんで」

 内田篤人は以前、鹿島の新たなリーダーの台頭を期待して、三竿健斗の名前を口にしたことがある。理由は、「チームメイトにちゃんとモノを言えるから」だ。

 単なるいがみ合いとは違う。奈良もプロフェッショナルな衝突を恐れずにできる選手のようだ。もっとも、鹿島のクラブカラーを奈良はすでに理解しているようで、「そこはもう、このクラブでは日常だと思うので。そこに入っていけるように、そのテンションについていけるように、自分もしっかりやっていきたい」と表情を引き締める。

勝利に徹するという姿勢の持ち主であることが窺えます。
嫌われ役も辞さない、勝利のためには自己犠牲も厭わないとのこと。
なんとも頼もしい言葉ですよね。
敵に回すと本当に厄介というか、手強いCBでしたので、とても心強いです。
新監督がどのように奈良を評価して起用するのか分かりませんが、個人的にはCBの柱になりそうな気がします。
犬飼、ブエノ、町田、関川とのポジション争いが激化しそうなので、鹿島のCB全体のレベルアップが期待できそう。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク