セルジーニョへのオファーは中国スーパーリーグではなく2部クラブだった・・

スポンサーリンク

セルジーニョへのオファーは2部クラブだったそうですね。
そして鹿島とセルジの契約は今月末までということも判明しました。
なので、登録選手登録選手の中にセルジーニョが入っていたということですな。
っつーわけで、まだ安心できない状況になりました。なんだよ、喜んで損したわ。

来月以降は移籍金ゼロで獲得が可能ということなので、2部とは言え、経済力では鹿島より上かもしれませんので、どうなるか分かりませんね。

はたしてどうなってしまうんでしょうか。

そんなセルジーニョには、今冬の中国移籍の噂が浮上。代理人を務める父親のセルジオ・ソレール氏が認めるなどしていたが、その行き先は中国甲級リーグ(中国2部)の長春亜泰となるようだ。

長春亜泰は今冬の移籍市場ではまだ新戦力の獲得を行なっていないものの、新シーズンに向けた補強に動いているとのこと。外国人選手の補強に動いている中の1人が、セルジーニョのようだ。

2018年は中国スーパーリーグに所属していた長春亜泰だったが、2019シーズンは2部で5位に終わり、昇格を逃していた。

中国『Wild East Football』によれば、セルジーニョと鹿島の契約は2020年1月末までであり、その先の契約はないとのこと。そのため、長春亜泰が獲得は可能だとしている。

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク