ACLプレーオフは指揮官も選手も勝つつもりで挑む

スポンサーリンク

トレーニングの場を鹿島に移したアントラーズですが、指揮官も選手もACLプレーオフに向けて必勝体制のようです。

20日に宮崎キャンプを打ち上げた鹿島は21日、一部選手が鹿嶋市内のクラブハウスでトレーニングを行った。

チームは元日に天皇杯決勝を戦ったこともあり、主力は始動を遅らせるなどコンディション回復を優先させてきた。ザーゴ新監督(50)のもとで戦術練習を開始したのはここ1週間。今月28日のACLプレーオフ(対メルボルン・ビクトリー)まで時間は少ないが、指揮官は「プレーオフで敗退したら今季のタイトルを早くも一つ失うことになってしまう」と選手に語り、難しい状況を一丸となって乗り越えることを求めた。DF山本は「(プレーオフは)何としても勝たないと。そういった意味ではこの1週間がとても重要になる」と力を込めた。

(スポニチよりスポニチより

オフが短過ぎるので休養を優先させて短いキャンプになったものの、勝利に対する拘りは捨てられないですよね。

ザーゴ監督も勝利に向かってアグレッシブに進むタイプの人物のようですので、プロである以上、勝ちに行くという姿勢で挑むようです。
どんな布陣で、どんなサッカーを見せてくれるのか非常に楽しみです。
28日に向けて怪我人を出すことなく強いチームを作って貰いたいものですね。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク