町田にはCBとして飛躍して欲しい

スポンサーリンク

鹿島はU―23アジア選手権に出場していたDF町田ら3選手が合流した。

町田は2試合に出場したものの日本は1次リーグ未勝利で敗退。「五輪まで時間がない。しっかりとチームで成長しないと」と個のレベルアップを誓った。本職はセンターバック(CB)だが、昨季はサイドバック(SB)としても出場し、プレーの幅を広げた。クラブはSBを本職とする選手を多く獲得したためCBとしての出場が増えそうで「DFラインの統率を意識してやりたい」と成長への青写真を描いた。
スポニチより)

町田は昨シーズンは安西が移籍して手薄になった左SBで起用されることが多かったですが、やっぱりCBです。
左利きっていうだけで起用されていた感が否めない起用方法でした。
昌子もレギュラーを獲れない時代にナビスコカップの決勝戦でSBで起用されて活躍したことがありましたし、秋田も最初は右SBとして試合に出ていましたが、
二人ともCBとして多くの経験を積んだことと「俺がやらなくては」という自覚が芽生えたことで大きく成長しました。
やはりCBはCBとしての経験を多く積むことによって成長するものです。
今季は監督も変わり、フラットな目で評価して貰うところからスタートですので、町田にとっては大きなチャンスです。
競争が激しいポジションですが、頑張ってレギュラーを獲って五輪に繋げて欲しいです。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク