ACLプレーオフの感想

スポンサーリンク

昨日の試合の敗戦は天皇杯決勝からの過密日程が原因なのは明らかでした。

三竿をはじめとして選手は「それは言い訳にならない」という旨のコメントを残していますが、
選手としてはそうとしか言えないですもんね。

選手にして見ればオフに体のケアをして心身ともにリフレッシュすることもできないままに始動したわけですし、
監督にしてみればブラジルから来て一ヶ月も経ってない上に、練習期間もほとんど無く、練習試合もキャンプ期間中のみ。

普通に考えて満足な準備ができる監督が他にいるとは思えない。

そんな中で昨日の試合ではザーゴ監督の色が出ていたし、明るい未来を感じることができる試合ができたことは大きな収穫だったと思う。

ACLは確かに残念だし、悔しいですけど、

3季連続で国内無冠のチームなわけですから、無理してACLを闘って四冠すべてを獲れないという過ちを繰り返す必要は無いとも思っていたので、こんなアホな過密日程で選手が大怪我を負わなくて良かったというのが本音。

いいじゃないですか。
ここからしっかり立て直して、リーグ戦やカップ戦でしっかりとしたザーゴのサッカーで勝って行ければ。
少なくとも前監督の選手任せの停滞サッカーとは違うサッカーザーゴは見せてくれると思いますし、
そのサッカーで勝利をもぎ取れる選手が集まってると思う。

ルーキーたちの才能がさらに加わるわけですので、今季の鹿島には大きな期待を抱かずにはいられない。

強いて不安があるとすれば、選手の適正をどこまで監督が見極めることができるか、でしょうかね。

ところで
日本サッカー協会も日程を見直す必要があると思う。
ACL出場権をすでに獲得している中で天皇杯を本気闘うことは、次のシーズンのチーム作りに大きな影響が出ることがこれで分かりました。
こんな状況になるのであれば、敢えて天皇杯を本気で獲りに行かないというチームも出てくるんじゃないでしょうか。
STOP!元旦決勝!ダメ!絶対!

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク