俺たちには町田浩樹がいるじゃないか

スポンサーリンク

去るものは追わずということ、G大阪に移籍秒読みの昌子源のことは諦めましょう。

だって我々には生え抜きの町田がいるじゃないですか!

 Jリーグはいよいよ21日に開幕する。スポニチでは「東京五輪世代注目の男」をテーマに、全18クラブの担当記者が有力選手を紹介。第1回は鹿島のDF町田浩樹(22)。U―23アジア選手権にも出場した貴重な左利きの大型センターバック(CB)が、ザーゴ新監督の下で新たなスタイルを目指すチームで成長を遂げる。

鹿島の新たなスタイルが、町田の成長を早めそうだ。今季、クラブが目指すのは「積極的に主導権を奪うサッカー」。CBはテンポ良くパスをつなぎ、時には逆サイドへの大きな展開など攻撃のスイッチを入れる重要なタスクを担うが、「左利きのCBはチームで僕しかいない。良さを出していきたい」。1メートル90の長身を生かした空中戦だけでなく、左足から繰り出される高精度のキックはザーゴ流ポゼッションサッカーの武器になり得る。
(スポニチより)

空中戦も強く、キックも正確な町田がいるんですよ。鹿島には。

今季は補強がばっちりなので、町田にとってレギュラー争いが熾烈を極めています。
これは町田の成長には非常に好材料ではないでしょうか。
確かにU−23では悔しい思いをしましたが、CBはこうやって大きくなるんです。
昌子も植田もレギュラーに抜擢され始めた時は大きなミスを犯してチームを敗戦に導いてしまったものです。
でも、それを糧にしたことで二人とも日本代表に選出されるほどになりました。

きっと町田も覚醒してくれるはず。
闘将と化した三竿主将のように、町田が鬼の形相で守備を牽引しチームを勝利に導いてくれるようになると信じています。
とにかく監督が代った今季はチャンス。がんばれ町田!

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク