収穫の多いプレシーズンマッチ

スポンサーリンク

水戸戦は収穫の多い試合となりました。

ところで、「みとせん」って言うと、茨城県民的には「水戸」を思い浮かべてしまいますよね。

それはさておき、
昨日は荒木のゴールに代表されるように若手が躍動した試合となりました。

荒木遼太郎は才能の塊なんでしょうか。
ボールを持った時の落ち着き、テクニック、判断ともに光るものがありました。
途中から投入された松村も躍動していましたし、2年目の関川も守備だけでなくビルドアップができるところを見せてくれました。
J2が相手とはいえ、町田と関川のコンビも今後の鹿島を担って行ってくれそうな期待を抱かせてくれましたね。
昌子はガンバに行ってしまうようですが、すでに昌子の穴は完全に埋められていると言ってもいいかもしれません。
(とはいえ、やっぱり私の心の穴は埋まっていませんけどね)

ザーゴのサッカーもとても魅力的です。
役割と目的の明確化が図られたことで、選手も動きやすくなったのではないでしょうか。
これでルヴァンまでにさらにコンディションを整えて、連携を深めたら非常にスペクタルで魅力的で勝負強いサッカーが実現できるのではないでしょうかね。
プレシーズンマッチの1試合だけで浮かれ過ぎなのは自分でも分かるんですけど、
停滞感だらけの3シーズンだっただけに、開幕前にワクワクできるのが嬉しいんですよね。

ルヴァン杯のスタメンがどうなるのかまったく予想ができませんが、
当日を楽しみに待ちたいと思います。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク