転機を迎えた鹿島に必要なもの

スポンサーリンク

超WORLDサッカー!に鹿島アントラーズについてのコラムが掲載されていますね。

読んでいて、なんとも共感してしまう内容でした。

このコラムに書いてある通り、
ここ数年の鹿島は、生え抜きの選手が活躍するようになると、すぐに海外に移籍してしまい、
その代わりに日本人選手を他のクラブから獲得して補強を図って来るようになりました。
これは戦力を整備するという意味で必要なことではあるのですが、どうしても鹿島の血が薄まって行くような印象がありました。
憎らしいほどの勝負強さが見られなくなった感が否めません。
その原因は小笠原満男に匹敵する選手が不在であること、とこのコラムで指摘されています。

たしかに、コンスタントに試合に出て、勝負どころを見定めて、闘志を剥き出しにして徹底的に相手の急所を徹底的に潰しに行くということができる選手が居なかったのは事実です。

でも、新キャプテンの三竿がいます。
生え抜きの選手ではありませんが、三竿は小笠原満男を近くで見て学んで来たことで鹿島イズムを体現するような存在にななりました。
昨シーズンは怪我でシーズンを通してスタメンを張れないこともありましたが、出れば確実に「違いをみせる」選手であることを証明して見せました。
彼がシーズンを通して、チームを引き締めて、勝利への貪欲さを見せ付けてくれれば鹿島は大丈夫だと思っています。
怪我の再発や海外移籍で三竿が不在となってしますと状況はかなり変わってしまいますが、三竿が健在であれば鹿島イズムで勝利をもぎ取れると信じてます。
三竿には万全のコンディションでルヴァン杯の初戦を迎えて欲しいです。

参照元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク