ルヴァン杯初戦は敗戦となりました

スポンサーリンク

待ちに待ったルヴァン杯初戦の名古屋戦、スタメンは予想外にもCBが町田と関川のコンビでした。

てっきり犬飼と奈良、リザーブに町田か関川かと思っていたのでビックリでした。

チャンスを掴んだ若手二人はしっかりと仕事をしていたものの、マテウス選手のFKが炸裂してしまい失点を喫してしまいました。

これが決勝点となり、今季はACLプレーオフも含めて公式戦は未だ勝ち星が無い状況となっちまいました。

FKは、もう事故みたいなもので、むしろ決めたマテウス選手を褒めるべきで、むしろ流れからの失点が無かったのは町田と関川の自信に繋がるのではないでしょうかね。

幸いにも名古屋はジョーが未だ来日してない状況だったというのもありますけど、それも含めて運を持ってるってことで(負けたけどね)

攻撃について言えば、エヴェラウドとファン・アラーノがもっと機能して欲しいなあ、と思いました。

レッドカードを貰っちまいましたが、松村が早い段階でスタメンを奪うことになるかもしれません。

松村のレッドカードは関川と町田のスタメン以上にビックリしましたが、ゴールへの執念を感じます。気持ちの強さが伝わってくる良い選手だなあ、と改めて思いました。

とはいえ、得点力が改善するのか不安になる試合でもありました。相手GKが良かったというのもありますが、FWがボールを収めてくれたり、時には単独突破してくれたりすると相手に脅威を与えてくれるんですけどね。

次の試足は攻撃がちゃんと機能するのか、チーム作りに時間をかけたいところですが、もうシーズンは始まりましたので、育てながら勝つようにして貰うしかありません。
ザーゴ監督の手腕を信じてリーグ開幕を迎えたいと思います。

ああ、それにしても、公式戦で負けるのは本当に悔しいですね。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク