まだ完成度が低い鹿島

スポンサーリンク

昨日の試合は後半は攻撃する姿を見せてくれたものの、やはり完成度に差がありました。

新加入の選手、経験の浅い選手が多く、三竿、レオ、土居の三名のみが昨シーズンのレギュラーでした。

新しい監督、新しい戦術、新しい選手となれば、完成度に差が出てしまうのは当たり前と言えば当たり前でした。

鹿島アントラーズは1月28日のACLプレーオフに続き、無得点で敗戦した。

シーズン2戦目だが、いまだ準備期間不足の影響は大きい。昨季最終戦となった元日の天皇杯決勝から今季初戦までのわずか4週間で、監督は代わり、選手も大幅に入れ替わった。昨季最終戦からこの日まで2カ月以上も空いた名古屋とは、どうしても完成度に差が出てしまう。

チームは1月8日に始動したが、昨季の主力は2週間のオフを挟んで16日からの合流となった。ザーゴ監督はその後「紅白戦をやると試合の負荷がかかる」と、選手の疲労を考慮して実戦練習を避け、ビルドアップ練習などに時間を割いてきた。しかし、いざフルコートのピッチに立つと選手の距離感が悪く、細かい局面での戸惑いもあった。

MF土居は「どうやって良くしていくかと言われたら、試合をこなすしかない」と言った。ザーゴ監督が掲げるポゼッションサッカーを実現させるには、実戦の中で挑戦と失敗を繰り返し、選手間、また監督とピッチ内との共通意識を深めていくしかない。この日、試合後のロッカールームでは、ポジティブな話し合いが活発に行われていたという。ザーゴ監督は「今、みんなで試行錯誤している。負けたからといってやり方を変える必要はない」と話した。選手の言葉を借りれば、鹿島は今「チームとしてもがく時期」だ。

(日刊スポーツより)

しかし、キャンプから戻ってACL、水戸戦、名古屋戦の3試合で、1ゴールだけというのは非常に問題ですね。

点取屋が鹿島に居ないというのが問題だなあ、と感じました。

「こいつに預ければなんとかなる」という選手が出て来てくれると凄く嬉しいんですけどね。

エヴェラウドがいつ覚醒するのか、そこが今季のポイントとなりそう。

半端ないFWのルーキー染野の怪我の状態はどうなんでしょうか?
非常に期待している選手なので、デビューすればすぐにポジションを奪ってくれるんじゃないかと思っています。

とにかく、早くチームが熟成されて勝利する姿を見せて欲しい。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク