中断期間をチャンスに変えるんだ

スポンサーリンク

 Jリーグは2月25日、本日、新型コロナウイルスの感染予防対策と拡散防止のため、2 月26日から3月15 日までの公式試合の延期を発表した。

鹿島アントラーズは、2月28日に予定されていたJ1リーグのホーム開幕となるヴィッセル神戸戦など5試合(ホーム3試合、アウェー2試合)が対象となった。

また、チームは元日の天皇杯決勝のあと、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の兼ね合いにより、ザーゴ新監督を迎えたものの、一部の主力選手を除いてオフ期間が6日間しか取れず。1月28日に迎えたACLプレーオフのメルボルン・ビクトリー戦は0-1で落として本戦出場を逃した。

今回のJリーグの決定によって、すぐ月内の活動について、オフにしたクラブも多い。また26日のトレーニングのあとに今後の対応を検討、発表したクラブも少なくない。

そうしたなか、鹿島は決定直後、まず26日をオフに決定。一方、神戸戦が組まれていた28日のスケジュールについて、「10:30 16:30開始の2部練習」にすると発表された。27日から1日まで休みはなく(その後の日程は未定)、ここで改めてしっかりトレーニングを積むことになった。さらにザーゴスタイルの浸透を図ろうとしていることが伝わってくる。

水戸ホーリーホックとのプレシーズンマッチでは内容を伴った試合を見せ、1-0の勝利を収めてみせた。一方、今年に入り、天皇杯決勝、ACLプレーオフ、ルヴァンカップ、J1リーグと公式戦4連敗を喫している。

不測の事態による中断期間だが、鹿島は息を吹き返そうと、改めて牙を研ぐ。

サカノワより)

昨日はオフを取り、明日28日はしっかり2部練習を行うとのこと。
公式戦で勝てない鹿島なので、こちらもゴールと勝利に飢えています。
しっかりと休養を取って、後は再開に向けて牙を研いで欲しいですよねー。

予定通り再開されるか分かりませんが、キャンプで十分な練習ができていなかった鹿島にとってこの中断期間はチャンスでもあります。
「これがザーゴのサッカーか、こりゃ凄いわ。無双だわ。」
なんて言える試合を見せて欲しい。
憎たらしいほどに勝負強い鹿島の復活とさらなるレベルアップにザーゴ監督が導いてくれることを信じています。

もう溜め息をつくのは嫌です。
ゴールが決まった瞬間の歓喜、ゲームセットの笛が鳴った瞬間に味わう歓喜と安堵が入り混じった充実感を早く味わいたい。

 

引用元

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク