とりあえず安心、安部裕葵のリハビリは順調とのこと

スポンサーリンク

安部のリハビリ順調、バルサ報告

2月に右太もも裏の腱手術

 サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは18日、BチームでプレーするFW安部裕葵のインタビュー動画を公開した。21歳の安部は2月に右太もも裏の腱の手術を受けて現在は東京都内でリハビリ中といい「順調。少しずつ走り始め、ペースも上がってきているので動けるのがすごく楽しい」と近況を語った。

 東京五輪世代の安部は昨夏にJ1鹿島からバルセロナへ移籍し、2部B(3部相当)の20試合で4ゴールを記録した。新型コロナウイルスの影響でリーグは中断。「焦らずに自分の体と向き合って、次の開幕でいいパフォーマンスができる準備をしたい」と来季を見据えている。

共同通信より)

安部裕葵のリハビリは順調に進んでいるようです。
全治五か月という大怪我を負ってしまったので、多くの鹿サポが心配していたと思いますが、
とりあえずは回復して来ているとのことで嬉しいですね。
ポジションを掴んで順調に結果を出している中での大けがでしたので、本人は相当悔しい思いをしていると思います。
一時、五輪は絶望となりましたが、延期となったことで安部にもまだチャンスは残っています。
しっかり治してフィールドに戻って、そして再び五輪代表レースに参戦して欲しい。
がんばれ裕葵!

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク