柴崎岳が2人の天才を語る

スポンサーリンク

柴崎岳がブログで語る“2人の天才”「鹿島に多くの恩恵をもたらした」

デポルティボに所属するMF柴崎岳は19日、自身のブログ(https://note.com/gakushibasaki/n/nf3c29249acea)を更新。鹿島アントラーズ時代に遭遇した2人の天才について語っている。

柴崎は岩政大樹氏が手掛けている「PITCH LEVEL ラボ」内の動画コンテンツを視聴。動画では岩政がMF本山雅志、MF野沢拓也をゲストで招き、“2人の天才”として紹介した。柴崎は岩政が形容した“2人の天才”という名称に「全くもってその通り」と同意している。

本山は1998年から2015年まで、野沢は99年から11年、13年と14年まで鹿島でプレー。柴崎は11年から16年まで在籍していたため、両選手とともに鹿島での時間を過ごした。柴崎は「タイプは違えど、彼らのプレーは普段の練習から試合に至るまで、人を惹きつけ、感情を揺さぶるものでした」と両選手を説明。さらに特質的な点を挙げる。

「そして両者とも素晴らしい点は、そのプレーによって幾度となくチームにタイトルをもたらしていた事です。つまり、勝利の為のプレーをしていました。二人のパーソナリティもまた、鹿島アントラーズに多くの恩恵をもたらしていたと思います」

さらに柴崎は両選手に通じたプレー面での優れた点も語る。一つ目は「相手の逆を取り続けるリアクション能力」。柴崎は「攻撃時、特にアタッキングゾーンでのギリギリまで相手を見てプレーを変更する能力と変更した判断の質・プレーの精度が2人とも高いです」と評価する。「彼らのプレーは度々、若手の僕の意表を突きました。2人はそのプレーの成功率が異常に高いのが他の選手と違いを生んでいました」と当時を振り返り、「ジャンケンをして相手に分からない様に後出しジャンケンして勝つリアクション能力が彼らが天才たる所以です」と表現した。

2選手の優れた点として二つ目に挙げたのは「空間認識力」。柴崎は「“ボール、味方、相手、スペース”を『空間で包み込む』様に認識して、得た情報を掛け合わせて、最適だと思った判断をその場で下していく」と空間認識力を表現。その上で「彼らのゴール直結プレー成功率の高さの裏側には、基本技術のレベルが大きく関係しています」と語り、「『基本技術が大事』という言葉が出てくるあたり、全てのベースがそこにある事を示しています」と見解を述べた。

柴崎は最後に「そして、2人の天才へ」と2選手との思い出を語る。

「いつかのアウェイ・マリノス戦に僕が出したタクさんへのスルーパスを変態ボレーで決めてくれた事。プロ1年目のナビスコカップ準決勝でモトさんらしさの詰まったスルーパスを僕にくれた事。この2つは、僕の一生の宝物です」

岩政氏は自身のツイッターで柴崎のブログ更新に反応。「PITCH LEVELラボ」の次回の対談企画のゲストがその柴崎であることを明かしている。

岩政氏の「PITCH LEVELラボ」Youtube動画が一部公開中
https://youtu.be/zCIBUXr8lfg

ゲキサカより)

【引用元】


攻撃的MFに本山と野沢という天才がいたのは、今思うと凄いことですよね。
野沢は当初、小笠原と本山の牙城を崩せずに先発の座を掴むことができず、全国的に無名でしたね。
スーパーサッカーの企画で、大きなバナナの障害をボールをいかに曲げてゴールを決めるかというのがあったんですけど
あれで凄い軌道でカーブを描き、見事にゴールを決めたことがありました。
テロップに「誰だ?」と出されるほど当時は無名でしたが、凄い天才が現れた!と思いました。
なかなか出場が叶わなかったものの、出場すればプレイの質の高さが段違いで、唸らずにいられませんでしたよね。

本山は、高校時代からスター選手でしたが、戦術眼が素晴らしかった。
クライフのような華麗なドリブルで敵陣を切り裂いたり、一本のパスでチャンスを演出したりと、本当に誇らしい10番でした。
この二人だけで攻撃をしていくシーンは見ていて本当に飽きなかったですよね。
単なるテクニシャンは世の中にたくさんいると思うのですが、フィールドを俯瞰したり、状況を瞬時に把握・分析・適応する能力がすごく長けていたように思います。
しかも、それが言葉にならないレベルでの理解だったような印象です。

柴崎が絶賛するのも本当に頷けますよね。

この二人が居て、小笠原と中田がバリバリで、内田や岩政やマルキがいて、後ろにソガが居たんだから三連覇できたわけだなあ、と思います。
時代が変わって、同じように若手から覚醒するまで選手を育てても海外移籍してしまうため、なかなかチーム作りが難しくなっていますが、
こういう強いチームをまた作って欲しいなあ、と思ってしまいます。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク