レオ・シルバは愛されるべき男

スポンサーリンク

【取材こぼれ話】レオ・シルバの人柄がにじみ出る、とっさの「ダイジョウブ?」

こちらの質問を聞く通訳の横で、「うん、うん」というしぐさを見せる。おそらく、質問の意味を把握しているのだろう。新潟時代を含めれば、今年で来日8年目を数える鹿島のレオ・シルバは、かなりのレベルで日本語を理解しているはずだ。ある時には、試合後に痛めていた足の状態について、直接日本語で訊いてみると、“問題ないよ!”といった感じで笑顔を見せてくれたこともある。

もっとも、インタビューやコメント取材は、基本的には通訳を介して行なわれる。実際、ミックスゾーンで通訳を伴っていない時に話を訊こうとしたら、“通訳がいなければ話せない”というジェスチャーで断られたこともある。たとえ取材者の言っていることを理解できたとしても、自分のコメントをちゃんと正確に伝えるためだろう。

取材拒否をしているわけではない。また別の試合後では、こちらが無理に呼び止めると、わざわざL・シルバ自らが通訳を呼びに行ってくれたこともあるほどだ。

メディアに対して常に真摯な対応を見せ、人情に厚く、心優しい男だと思う。インタビュー取材時、脚立を使って撮影しようとしたカメラマンが、バランスを崩して倒れそうになる。なんとか態勢を立て直して大事には至らなかったが、その時、誰よりも早く「ダイジョウブ?」と心配してくれたのは、L・シルバだった。とても流暢な日本語で。

そんなL・シルバだからこそ、チームメイトからも信頼される存在のはずだ。今年3月には右太腿を負傷し、治療期間は約2か月と発表された。そろそろ痛めた箇所も回復しているだろう。リーグ再開までまだしばらく時間はかかるが、その期間を利用して準備を進め、リスタート後には元気な姿をピッチで見せてほしい。

文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェストより)

 

レオ・シルバの人柄が分かる記事ですねー。
加入直後からサポの心を鷲掴みにしたのは、プレイの精度だけでなく、その人柄も大きい気がします。
今年で日本に来て8年目ですか。
凄いですよね。すぐに去って行ってしまう助っ人も多い中、これだけ長く日本で活躍をし続ける選手は珍しい。
昨シーズン、他チームの選手が「彼がいるといないとでは別チームになる」と言っていましたが、
彼がいることで中盤が確実に安定しました。

今季はザーゴ監督の戦術がこれまでの鹿島とは全然違うため、その適応に苦しんでいる感じが否めませんが、
怪我が治ったら、高いサッカーインテリジェンスで適応し、「やっぱりレオ・シルバは違う」と言わしめして欲しい。

チーム活動再開のころにはフィールドを走り回ってる彼の姿を見たいものです。

 

【引用元】

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク