ジュビロ磐田とのナショナルダービーの思い出

スポンサーリンク

鹿サポ歴が長い人にとって「ナショナルダービー」といえば、我が鹿島アントラーズv.s.ジュビロ磐田ですよね。

チャンピオンシップだけでなく、リーグ戦などでも、本当に熱い試合を繰り広げました。

代表的なシーンは、チャンピオンシップのあの場面です。
本山が西選手に後ろからファールされて、場内が騒然となっている中で、小笠原が鮮やかにFKを決めたあのシーン。

すごくスカッとしましたし、すごく嬉しかった。
そして、すごく熱狂しました。

でも、良い思い出がある反面、悔しい試合も何度もありました。
97年チャンピオンシップで、

試合終了間際にバックパスをチェイシングしていた中山選手の圧に負けた佐藤洋平が、
思わずボールコントロールを誤り、中山選手にボールを奪われて決勝ゴールを決められた試合。

あのシーン、未だに思い出して、悔しくなります。

勝った思い出だけを残しておきたいところですが、名勝負の数々だけに、残念な結果もあるわけです。

そんな残念な気持ちになった試合をNumberの記事が思い出させてくれちまいました。


この試合も良い試合でした。

凄く熱くなった。

本当に内容の濃い試合で、見所満点だったんです。

でも、最後の最後で藤田選手にやられてしまったんですよね。

技術レベルも高く、サッカーIQも高く、それなのに運動量も多い藤田選手は本当に脅威だったんですけど、
この試合はどうにかこうにか攻略出来ていた記憶があります。
しかし、彼に最後にやられてしまいました。
彼のガッツポーズを絶望的な気持ちで見ていた自分がいましたね。
本当に悔しかった。

いい試合だったんですけどねえ。

それだけに勝ちたかった。

やっぱり負けた試合は良い思い出にはできませんね。
思い返す度に悔しくなりますもん。

というわけで、Numberは大好きなんだけど、自粛期間中のGWに読みたくない記事だったなあ、と鹿サポ的に思います。w

さあて、スッキリしたいので、これから三連覇達成の試合の録画でも見ようっと。

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク