チャンピオンシップ優勝(2001年だけど・・)

スポンサーリンク

昨日の2001年チャンピオンシップ第二戦はご覧になりました?

結果が分かってる試合なのに、ドキドキしながら見てしまいました。
前半はジュビロ磐田に攻め込まれるシーンが多かったし
後半はシュートを放つもヴァンズアムのセーブに阻まれるシーンが何度もあり
攻守の入れ替えが激しくて、本当に見どころ満載の試合となりました。

小笠原の走るスピードがやっぱり違いましたね。
あと、当たり前ですが膝を怪我する前なので、キックの弾道が鋭かった気がします。

ビスマルクが交代で退くシーンは、寂しさと本人の悔しさが伝わって来て涙が浮かびましたし
交代で入った本山のプレイに胸が躍りましたし
その本山の絶妙なパスをゴール前でトラップした柳沢がシュートを外したシーンは声を出して頭を抱えました。

そして、ジュビロの西選手に本山が倒されたシーンはエキサイトしましたし、
小笠原が伝説のFKを決めた試合は声を上げてガッツポーズをしました。

まるで生中継を見てるかのような興奮でした。

本当に名勝負だった。
これは鹿島が勝った試合だったから楽しめたわけで、もし97年のチャンピオンシップ第二戦を流されたら、
時を超えて佐藤洋平を殴りに行きたい気持ちなっただろうな、と思います。

2001年のを流してくれてありがとう、と言いたいですね。

さて、明日からチーム活動が再開です。
あの時のような熱い試合をできるチームに仕上げて欲しいですね。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク