レオナルドといえばこのスーパーゴールだよね

スポンサーリンク

 

Jリーグ中断期間中は過去のスーパープレイを特集する記事や動画がたくさん出て来ましたよね。
そのおかげでサッカーを見ることができない寂しさを紛らわすことができていましたが、
その中でもやっぱりレオナルドのプレイは何度見ても惚れ惚れしますし、レオナルドを知らない家族に見せた時の驚いた表情は見ていて誇らしくなります。

たくさんの凄いプレイを見せてくれましたが、レオナルドで一番印象深いのはこゴールシーンです。

鹿島の貴公子レオナルド、伝説の“リフティング弾” 左足で6回…突然「視界が開けた」

【J番記者が選ぶスーパーゴール|鹿島編】1995年NICOSシリーズ第19節横浜F戦(後半38分)…レオナルドのリフティングゴール

何度見ても驚嘆の言葉しか浮かばない。

1995年11月1日、JリーグのNICOSシリーズ第19節に記録された鹿島アントラーズの元ブラジル代表MFレオナルドのリフティングゴールである。高いスキルと軽快な身のこなし、そして好機を逃さず、きっちりものにするシュート力。それらが詰まった鮮やかな一発だった。

「自分のキャリアのなかでも忘れられないゴール」

レオナルド自身がそう位置づける魅惑のワンマンショーは、味方の横パスから始まった。利き足の左足アウトサイドでひょいとボールを浮かして、スライディングしてきた相手をかわし、二度、三度とリフティングしながら反転すると、最後はワンバウンドしたボールの跳ね上がり際をとらえた。

タッチ数は全部で6回。すべて利き足の左足だ。

「相手に囲まれていたので、とにかくボールを奪われないようにリフティングしていたら、突然ゴールへの視界が開けたという感じだったね。最後はちょっと難しい体勢になったけれど、上手くシュートすることができた(笑)」

同じピッチに立ち、そのゴールシーンを後方から目撃していたボランチの元日本代表MF本田泰人は、「いや、凄いな」と思わず唸ってしまったという。

「レオナルドは練習の時から、ああいうプレーをよく見せていたけれど、それを実際の試合のなかでやってのけるんだからね。本当に驚いたよ」

他に類を見ないゴールシーンは多くの人たちの脳裏にも焼き付いた。2013年にJリーグ創設20周年を記念して行われたサポーター投票による「Jクロニクルベスト」という企画のなかで、ベストゴール部門の1位に選出されている。

相手GK楢﨑も感嘆 「シュートのタイミングがちょっとずれていて…」

現役バリバリのブラジル代表でもあったレオナルドに、手玉に取られた格好の横浜フリューゲルス(当時)の選手たちは、茫然自失だ。ペナルティーエリア内だったので、下手に手出しができなかったとはいえ、すっかり脇役に回された。

当時プロ1年目の19歳ながら、ゴールを守っていた元日本代表GK楢﨑正剛は、のちに「シュートのタイミングがちょっとずれていて、反応しきれなかった」と証言している。

あれからおよそ25年。見るものの心をつかんで離さないレオナルドのリフティングゴールは、Jリーグ史を彩る珠玉の伝説と化している。

FOOTBALL ZONE Webより)

いやあ、マジで凄いゴールシーンでした。
1994年、アメリカW杯を終えた直後に加入してレオナルドでしたが、浦和レッズ戦でCBの田口選手から受けたファールで長期離脱となりました。
1995年はブラジル代表の中心メンバーのためコパ・アメリカに出場したりとリーグ戦への出場機会が少なかったんですよね。
名古屋のストイコビッチ選手がスーパーファンタジックなプレイで世を席捲する中、レオナルドはこのプレイでそのサッカーセンスや実力を改めて世に知らしめたのでした。
当時はストイコビッチとレオナルドという、超ワールドクラス(しかも代表で10番を背負うほどの選手)が日本で躍動していたのですから、凄く贅沢な時代でした。

また見たいですなあ。
度肝を抜かれるようなファンタジスタのプレイを鹿島戦士にお願いしたいものです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク