三竿健斗がチャリティオークションに出品

スポンサーリンク

三竿キャプテンがチャリティオークションに出品です。

鹿島MF三竿健斗がオークション出品 落札額を医療関連へ、さらに同額をJFAの支援金口座へ寄付表明

鹿島アントラーズ所属のMF三竿健斗が、8日からチャリティーオークションを開始。落札金をすべて医療関連へ寄付し、さらに落札金と同額をJFA(日本サッカー協会)が設立した「新型コロナウィルス対策JFAサッカーファミリー支援金口座」に寄付することを表明した。

チャリティーオークションは、「ヤフオク!」のサービスである「エールオークション」を用い、ユニフォーム2着、スパイク2足、サッカーボールを出品している。また、三竿以外にも松山英樹や石川遼、高梨沙羅といったアスリートや埼玉西武ライオンズ、福岡ソフトバンクホークスといった競技団体も参加している。

三竿は自身のインスタグラムにて今回の経緯や内容を説明。「前例のないこの状況の中で、一人でも多くの子供が夢を諦めずに前向きにチャレンジを続けてくれることを願っています。僕たちプロサッカー選手も、少しでも早く皆さんにまたプレーを観て頂き、夢や希望、元気や活力といったパワーを与えられるよう練習に取り組みます。皆さん一緒に乗り越えていきましょう!!」とコメントを寄せている。

オークションはすでに入札ができ、14日夜に締め切りとなっている。

サッカーキングより)

素晴らしいですね。さすがキャプテン。
スーパーに行ったり、電車に乗るのも怖い日々ですが、
医療従事者の皆さんはそれどころじゃない状況で勤務されているわけで、
本当に感謝と尊敬しかありません。
選手はチャリティオークションという形で寄付をしているわけですから
我々もできることで少しでも力になりたいものです。

 

 

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク