ブエノがアトレチコ・ミネイロに移籍

スポンサーリンク

鹿島DFブエノ、母国アトレチコ・ミネイロへ移籍

鹿島アントラーズは16日、DFブエノ(24)がブラジルのアトレチコ・ミネイロへ期限付き移籍すると発表した。同日に日本をたち、現地でのメディカルチェックを経て正式契約を結ぶ予定。

ブエノはブラジル出身だが、日本へ留学して千葉国際を卒業した屈強なセンターバック。鹿島では16年~17年、19年~20年とプレーした。昨季は途中から先発の座をつかんだが、今季はこれまで出場できていなかった。

ブエノはクラブを通じてコメントを発表。「ブラジルでプレーができる機会を、非常にうれしく思っています。アントラーズには感謝しかありません。僕を信じてくれたフロント、スタッフ、特に昨シーズン、自分を信じて起用してくれたスタッフたちには感謝でいっぱいです。どこにいても、僕は常にアントラーズとともにあり、一生僕の心に生き続けます。また皆さんの前でプレーできることを信じ、必ず成長できるよう全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」とつづった。

日刊スポーツより)

現実になってしまいましたね。

残念ですが、ブエノの実力で控えという状況が本当に勿体ないとずっと思っていました。
オファーが来たというのは母国からその実力が認められたという証。
外国人枠無関係の環境だったらブエノは間違いなくポジションを獲れるはず。
なんだったら、セレソンに選ばれるぐらいの活躍をして欲しい。

救いなのは期限付き移籍であるということ。
戻って来てくれるかもしれないという希望が残っているのがせめてもの救いです。
身体能力も技術も問題無い素晴らしい選手。
ぜひブラジルで大活躍をしてもらいたい。

いつか帰って来てね。
あなたのプレイをもっと見たいです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク