山本脩斗、センターバックで新境地

スポンサーリンク

鹿島山本脩斗「プラスに」センターバックで新境地

鹿島アントラーズは17日、ユースとの練習試合を行い、35分×4本で10-0と勝利した。

試合後にオンライン取材に応じたDF山本脩斗(35)は「徐々にチームとしてやりたいサッカーができてきた。まだまだの部分もあるので、もっと完成度を上げていきたい」とまとめた。

サイドバックが本職だが、この日は2年目のDF関川郁万(19)とセンターバックを組んだという。大学までFWで、プロ入り後サイドバックにコンバートされた山本。ここ数年は練習でセンターバックに入るようになったといい、ベテランになった後も新境地を開拓し続けている。「いろんなポジションをやることで、前(の選手)の動かし方だったり、普段見えないところが見えてくるので、それをプラスにとらえて日頃からやっています」と、前向きに取り組んでいることを明かした。

日刊スポーツより)

FW出身の選手でありながら、SBだけでなくCBにも挑戦しているとのこと。
凄い順応力。
質の高いオーバーラップやクロスは、適応力の高さの賜物なのでしょうね。
ヘディングも上手いですし、もし左SBで先発していた時に急遽CBをやる状況が急遽訪れてたとしても、
彼がいれば安心できそうです。
枚数は足りてはいますが、ブエノが移籍してしまい、
過密日程となる中で山本脩斗の存在が非常に重要度が増すことは間違いないでしょうね。

リーグ再開後はどんなサッカーを見せてくれるのでしょうか。
非常に楽しみです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク