町田とのトレーニングマッチはOGで辛勝・・・

スポンサーリンク

土居聖真がOG誘発も…鹿島、町田との練習試合45分×4本は1-0で辛勝

鹿島アントラーズ(Jリーグ)とFC町田ゼルビア(同)の練習試合は1-0で鹿島が勝利。しかし、鹿島にとっては不安が残る結果となった。

鹿島アントラーズとFC町田ゼルビアによるトレーニングマッチが20日に行われた。

昨シーズンの明治安田生命J1リーグを3位で終えた鹿島と、J2を18位で終えた町田による一戦。27日にリーグ戦再開を控える町田は、13日の練習試合で浦和レッズに2-1で勝利したものの、17日の川崎フロンターレ戦には0-5で大敗しており、実戦に向けて良い感覚を取り戻す必要があるなかでこの試合に臨んだ。
編集部のおすすめ

試合のなかではコンパクトな町田の守備をなかなか崩せない鹿島だったが、18分には内田篤人が右サイドをオーバーラップしてグラウンダーのクロスを供給。しかし、中央に飛び込んだエヴェラウドは合わせることができない。

また、31分には町田陣内中央付近でボールを持ったファン・アラーノが華麗なルーレットでチェックをかわす。そのまま右足を振り抜いてゴール左下隅を射抜こうとするが、GK秋元陽太にキャッチされた。

結局、45分間行われたトレーニングマッチの1本目は0-0のまま終了を迎える。計4本消化された練習試合のうち、両チームは2本目も1本目と同様のメンバーでスタート。互いに選手を入れ替えつつ戦ったが、これも0-0で終えた。

その後、3本目も集中した守備で鹿島の攻撃をしのぐ町田だったが、16分にこの日最初の得点が入る。ボックス右でボールを持った土居聖真がシュートを放つと町田DFがブロックしようと出した脚に当たり軌道が変化。そのままオウンゴールで鹿島が得点を記録した。3本目は鹿島が1-0でリードしたまま45分を迎える。

しかし、4本目はまたしても0-0で終え、180分間合計で1-0と鹿島にとっては攻撃に不安が残る結果となった。反対に、町田は守備に比重を置きつつもカテゴリーが上の相手にチャンスを作るシーンも多く、来週の再開に向けて上々の仕上がりを見せている。

■試合結果(45分×4本合計)
鹿島アントラーズ 1-0 FC町田ゼルビア

■得点者
鹿島:OG(106分/3本目16分)
町田:なし

GOALより)

 

えっと・・・・・

開幕時と比較して何かめざましい進歩があったように見えませんでしたけど。。

活動休止期間はあったものの、十分過ぎる時間はあったはず。

この仕上がりで再開を迎える?え?二週間後ですよ?

SBの裏を狙われ、そこからシュートに持ち込まれる、と。
これって、ずっとそうですよね。
なんとか守り切って完封できましたけど、J1相手に守り切れるとは思えない。
ましてや再開初戦は攻撃力の高い川崎です。
小林選手が怪我しているとはいえ、全体的に質が高いチームに今日の闘いっぷりで勝てる気がしないです。

どうした、ザーゴ監督。

鹿島の選手はこれまで実績がある選手ばかり、今季加入した選手も他チームで実績を出して能力を証明済みです。
これだけの選手を抱えながら、今日の試合内容では正直言って不安が膨らむばかりです。

ちょっとマジで大丈夫?
これだけの才能ある選手たちを抱えてるのですから、本当にマジで情けない試合はしないで欲しい。

ザーゴ監督、分かってんの?あと二週間で再開するんですよ!
頼みますよ、マジで。
(再開間近なので今日は厳しめに書いてみました)

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク