荒木遼太郎にかかってると言ってもいい気がして来た

スポンサーリンク

【鹿島】期待のルーキー荒木遼太郎の“得意とするプレー”が攻撃に勢いを生む

再開後は、「ゴールを決めて、結果を出していきたい」

先日のFC町田ゼルビアとのトレーニングマッチでのワンシーン。自陣から縦パスを入れようとしたボランチが、相手に寄せられてやり直す。再び、キープしたボランチが前を向いて、今度は正確なパスを入れる。これを受けた荒木遼太郎は前を向くと、勢いを持ってドリブルを仕掛けて、惜しいシーンを演出した。

相手のギャップを上手く突いたポジショニングで味方からのパスを引き出し、攻撃を加速させる。こうしたシーンが増えれば、チームとしてのゴールの可能性もより高まるはず。6月25日の練習後、オンライン取材を受けた高卒ルーキーの荒木は、「相手の間でボールを受けるのは、自分がけっこう得意としているプレーのひとつ」と自信をのぞかせた。

今後は、その得意とするプレーをいかに決定的なシーンにつなげられるか。味方がキープしている時、フリーになるポジショニングは随所に見られる。焦点は、そこでパスが入った時に、どれだけ効果的な崩しを見せられるか。

「上手く顔を出して、ボールを受けて、そこからゴールへ結びつける仕掛けが、まだ自分としてはあんまりできていないと思うので。再開までに、短い間ですけど、練習試合とかでやっていければいいかなと思っています」

名古屋とのルヴァンカップ初戦、広島とのリーグ開幕戦はいずれも途中出場でピッチに立ち、いくつかの好プレーを披露した。ポテンシャルはすでに証明済み。再開後は、「ゴールを決めて、結果を出していきたい」とさらなる活躍を期す。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェストWebより)

どうにも攻守が噛み合わない今季の鹿島アントラーズですが、
その中で荒木遼太郎が希望の光になってますよね。
キャンプでの練習試合から始まり、ルーキーとは思えないほどの存在感です。

キラリと光る何かが、というレベルではなく、
フィールドを俯瞰して見ているというのが分かるほどのクレバーなプレイで、
鹿サポの心をすぐに鷲掴みにしてくれました。

なかなか上手く攻撃が回らない中でも、投入されるといきなり攻撃を活性化してくれますよね。
まるで、スーパーサブ時代の本山のような存在感です。
ザーゴ監督が彼をスタメンで起用するようになれば、鹿島は新しい時代の扉を開けることになるのではないでしょうか。
っていうか、レギュラーでいいんじゃないんですかね、と思っています。

良い選手がたくさん鹿島にいますけど、荒木遼太郎は久々に鹿島に出現した天才という印象です。
彼の非凡すぎる才能をザーゴ監督が開花させてくれることを期待しています。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク