いよいよ明後日

スポンサーリンク

鹿島DF犬飼、川崎Fの新布陣を警戒 “鍵”は元セレソンとの攻防「負けないように」

鹿島DF犬飼が再開初戦となる4日の川崎F戦を前に、相手新システムを警戒した。

川崎Fは今季から4―3―3を採用しており、「中盤は攻撃的なパスを通せて、前線も点を取る力がある」とJ1屈指の攻撃力を警戒。「大事なのは失点しないこと。センターバックとしては相手の1トップとのマッチアップに負けないように」と元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが入ると予想される3トップ中央との攻防を鍵に挙げた。

スポニチアネックスより)

再開がいよいよ明後日となりました。
ようやくサッカーが戻って来ますね。

さてさて、初戦の対戦相手である川崎の布陣は4-3-3ということですが

今季の我が鹿島はボランチがCBの間に入って変則3バック気味になって両SBが高めにポジションを取っています。
結果、その裏を狙われてピンチに陥ることが多く、今季は公式戦で未勝利っていうか3連敗です。

3トップ相手にこの戦術がどのように機能するのか、いやそもそも基本的な話、あの戦術がちゃんと機能するのか、
まだ今季未勝利なので戦術に不信感を個人的に抱いているので、正直言って心配はあります。

そうは言っても、2002年W杯に至るまでのトルシエJAPANも最初は酷かった。
エキセントリックな戦術で、なかなかチームに浸透せず、
釜本氏らが解任を提議したこともありました。
ぶっちゃけ私も、こんな変な戦術で勝てるかよ!と思っていました。

しかし、戦術が浸透し、チームが機能的になって行くにつれて勝てるチームになりましたよね。
仮に先制されても逆転勝ちするはず、という安心感すらありました。

なので、これまでの鹿島とは違うサッカー過ぎて不安なのですが、
結果さえ出せば、好転して行くに違いないと信じています。

だから、どんなに不細工で泥臭いゴールでも決めて欲しいし、
攻め込まれたとしても、失点をしなければ良いんです。

本当に今度こそ勝ってくれ。マジで頼みます。

再開の初戦で光を見せて下さい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク