中断期間はチーム構築において有意義な時間

スポンサーリンク

鹿島ザーゴ監督24年ぶりカズ再会に「巡り合わせ」

鹿島アントラーズのザーゴ監督(51)が2日、リーグ戦再開を前にオンライン取材に応じた。

チームは6月27日に横浜FCと非公開で練習試合を実施。試合後ザーゴ監督は、FWカズ(三浦知良、53)とあいさつを交わす写真をインスタグラムで公開し、自身が柏レイソルでプレーした96年以来、約24年ぶりの再会を喜んでいた。

2人は約30年前、キャリアの序盤にブラジルで対戦していた。ザーゴ監督は「(選手と監督で)違う立場でお会いすることになったが、再会できて非常にうれしく思うし、サッカーはいろんな巡り合わせをもたらすと思った。53歳の彼がピッチ内で非常に質のいい動きを見せているのは喜ばしいこと」と、30年の時を経ても第一線で活躍し続けるカズをたたえた。

再開初戦となる川崎フロンターレ戦(4日、等々力)に向けては、相手を「優勝候補の一角」と位置づけた。中断期間はチーム構築において有意義な時間となったようで、「選手にはポジションを守ることを意識してもらった。そのゾーンにいれば、味方がどこにいるか認識しながらプレーできる。意思疎通を高めることができたし、ビルドアップや相手陣内でのプレッシャーのかけ方など、緻密に取り組むことができた」と手応えを明かした。

(日刊スポーツより)

ザーゴ監督はKINGとブラジルで対戦していたんですね。
言われてみればそうなんだなあ、とは思いますが、
なんだか驚きますよね。

もっと驚くべきは、ザーゴ監督の方が年下だったということ。
ザーゴ監督が年相応なのか、それともKAZUが現役選手だから若いのか分かりませんが、
ザーゴ監督の貫禄満点の外見の仕上がりはやっぱり威圧感があって指揮官としてなかなか良いのではないかと改めて思います。笑

それはともかく、明日の試合は絶対に勝っておくれよ。
チーム構築のための時間は十分にあったはずですので!

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク