誤審もあったけど完敗だった

スポンサーリンク

再開の初戦は1-2で敗戦。

開始早々の失点はどうみてもオフサイドだと思いますが、
内容が完全に負けていました。

川崎はサイドで3人が連携してパスを繋いで簡単にディフェンスを突破できていました。
あんなに簡単にフリーになれるのかと思わされるシーンが連発。

相手チームは中村憲剛選手も小林悠選手も怪我で不在でしたが、
チーム全体の完成度が高いというか、パスを一つとっても精度が高く
2失点目のサイドチェンジというかクロスというか、あのライナーのパスの精度の高さには脱帽でした。

それに対してアントラーズは、選手間の距離が川崎より広く、その上意思疎通が一致しないシーンが散見されました。

あと、レオ・シルバのパスの精度が低かったのも大きかった。
彼からのパスがしっかり決まらないとどうしようも無い。

染野のあわや初ゴールか?とうシーンは、スローで見返したけどやっぱりラインを割ってませんでした。
あとエリア内で倒されたシーンは、主審によってPKを取っていたことでしょうね。

1失点目のオフサイド見逃しといい、審判にも泣かされる試合となってしまいました。

とにかく攻撃に移った時の精度がまだまだ低いのが気になります。

次の試合は水曜日。

果たして修正できるのか。

試合間隔が短いので立て直しができるのかザーゴ監督の手腕に期待するしかありませんね。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク