過度に緊張していたファン・アラーノ

スポンサーリンク

【鹿島】今季4度目の完封負け…司令塔アラーノが考える問題点。「過度に緊張している」

7月8日、明治安田生命J1リーグは第3節が開催され、鹿島アントラーズは北海道コンサドーレ札幌にカシマスタジアムでの初勝利を献上。深刻な得点力不足に陥り、この日のシュートもすべて空砲に終わった。鹿島の攻撃を司るファン・アラーノが胸の内を明かした。「落ち着いていれば、たぶん決めることができた」

打てども、打てども、入らない。今季初めて本拠地カシマスタジアムで迎えたJ1リーグ戦。しかも、対戦相手の札幌にはこの場所で一度も負けていなかったが、少ないチャンスを物にされて完封負けを喫した。札幌に歴史的な1勝を献上した。

これで今季は公式戦5連敗と、未勝利が続く。深刻なのは負けの数だけでなく、ゴールの少なさ。ここまで挙げた得点は、前節のオウンゴールによる1点のみだ。今節の札幌戦は、AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ(メルボルン戦)、ルヴァンカップ(名古屋戦)、J1開幕戦(広島戦)に続く公式戦4度目の完封負け。ホームでのJ1リーグ初戦でも、トンネルを抜け出すことはできなかった。

「すべてが悪いということではなくて、チャンスも作りましたし、得点できそうなところもありました。今は、結果としては非常に悪いけれど、(チームとして)やっていることは間違っていないと思う」と、鹿島の攻撃を司るFWファン・アラーノは言う。同郷のFWエヴェラウドとともに最前線でコンビを組み、ともに両チーム最多の5本のシュートを放った。

しかし、45分にエヴェラウドからペナルティーアーク付近でフリーの状態でパスを受けるも、シュートは左足にミートせず、枠の外へ。後半アディショナルタイムにはセットプレーの流れから右足でのシュートチャンスが訪れるも、浮き球を抑えることができず、同点ゴールとはならなかった。直後に札幌に追加点を決められ、勝敗は決した。

「自分自身にもペナルティーエリア内でのフィニッシュや、ミドルシュートのチャンスがありました。そこでもうちょっと落ち着いていれば、たぶん決めることができたと思います。決定力だったり、技術的なところは、練習でしっかりと積み重ねていかなければいけないのですが、(試合の)内容に結果が伴っていないところから、我々自身が過度に緊張してしまっているのではないかと思っています。(直近2試合は)早い時間帯からビハインドのスコアでスタートしてしまっているぶん、自分たちに負担がかかってしまうし、試合に負けていることで緊張してしまって、大事なラストパスだったり、例えばワンツーをするにしても精度を欠いてしまっている。そういうメンタルコントロールというもの、僕自身だけではなくて、もっと互いにしゃべってチーム全体としての落ち着きを取り戻せれば、何とか改善できる部分ではあると思います」

試合開始早々に訪れるチャンスを物にできず、逆に相手に先取点を奪われる。結果が伴わないジレンマが、鹿島の選手たちの歯車を狂わせているのかもしれない。それでも、中3日で次の試合はやってくる。次戦は7月12日、アウェーでの浦和戦。次こそゴールを奪い、連敗を止め、負の連鎖を断ち切ることができるか。ザーゴ監督率いる鹿島の真価が問われる。

(サッカーマガジンWebより)

まず、ファン・アラーノが鹿島の司令塔なのか?というところにツッコミを入れたい気持ちはあります。
しかしぐっと我慢。

それはさておき

結果が伴っておらず、シュートシーンで余裕が無かったということだそうです。

あれを決めることができればねえ。と思うけど、でも、あそこで落ち着けるかどうかもサッカー選手の能力なので、
やっぱりあの外したシーンはファン・アラーノの現時点での力なんですよね。
良い選手だと思う。
中盤に優秀なパサーが居てくれれば彼の力を引き出せるはず、なんですけどね。
スプリントも沢山してるので、パスが出てさえくれば、と思う。

次節は浦和レッズとの試合。
これまでホームで負け無しだった札幌に完封負けをした鹿島としては、
アウェーで浦和と対戦するのは本当に厳しいことになると思う。

でも、選手は前を向くしかない。
ファン・アラーノは周りにもっと要求を出してパスを貰おう。
アラーノが躍動してゴールを決め始めたら、空気が変わるはず。

頑張ってくれ。
次こそ初ゴールを期待してます。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク