浦和に屈したザーゴ鹿島

スポンサーリンク

浦和に屈したザーゴ鹿島、開幕4連敗でクラブ史上ワースト記録…公式戦6戦全敗の泥沼

【国内サッカー・Jリーグ ニュース】明治安田生命J1リーグ第4節、浦和レッズ対鹿島アントラーズは、1-0で浦和が勝利した。

明治安田生命J1リーグ第4節の浦和レッズvs鹿島アントラーズが12日に埼玉スタジアム2002で開催された。

人数を制限したうえでの有観客試合に移行したJ1。第4節、ここまで2勝1分けの浦和と、開幕3連敗で最下位の鹿島が相まみえた。浦和は2-1で勝利した前節のベガルタ仙台戦から先発4選手を変更。一方、公式戦5連敗中の鹿島は、0-2で敗れた前節のコンサドーレ札幌戦から2選手を入れ替えて試合に臨んだ。

名門同士の一戦は序盤から拮抗した展開となる。興梠慎三とレオナルドに早めにボールを預けつつ左サイドから攻める浦和は12分、汰木康也が入れたクロスがクリアされると、これを拾ったエヴェルトンがシュート。しかし、これは枠を捉えることができない。

一方の鹿島は連敗を止めるべく気持ちのこもったプレーを見せ、ボールホルダーに対して厳しくアプローチ。しかし、アタッキングサードではプレーの精度とクオリティを欠き、なかなかチャンスをつくれない。やや浦和が押し気味に進めた前半は、両者共に決定機を演出することができないまま終了する。

迎えた後半、試合を動かしたのは浦和だった。53分、ボックス左角の手前から山中亮輔がゴール前に入れたFKをファーサイドで岩波拓也が折り返す。最後は正面のエヴェルトンが巧みなヒール気味のキックでゴールに流し込み、試合の均衡を崩した。

何とかしたいザーゴ監督は、57分に染野唯月に代えて白崎凌兵を投入。さらに67分には永木亮太と伊藤翔を下げて遠藤康と上田綺世を送り出す。74分には永戸勝也が蹴った左CKに正面で上田が合わせたが、このヘディングシュートは枠をはずれる。

上田の空中戦を活かした攻めを見せる鹿島。80分には永戸と和泉竜司に代えて杉岡大暉と荒木遼太郎を入れて、リスクを冒して攻める。しかし、最後まで浦和のゴールを割ることができず、試合終了。鹿島はこれでクラブワースト記録の開幕4連敗となり、今季の公式戦6試合で全敗を継続することに。一方の浦和は無敗をキープし、今季リーグ戦初の連勝を飾っている。

■試合結果
浦和レッズ 1-0 鹿島アントラーズ

■得点者
浦和:エヴェルトン(52分)
鹿島:なし

GOAL.comより

前半は永木を筆頭に気持ちの入ったプレイで0-0で折り返したものの

後半は相手のFKの低く鋭い弾道にやられてしましました。

あのFKは素晴らしかったと思う。鹿島であれを蹴れる選手はいないのだろうか。

特に右サイドはマークの受け渡しがスムーズに行かずにピンチを招くシーンがありましたが、

それでも犬飼を中心に頑張って守っていたと思う。

あと、昨日の試合直後の記事では、選手のプレイにダメ出し的なことを書いてしまいましたが、

和泉にしても永戸にしても頑張ってると思う。

だって、左サイドで攻撃ができていたのは確かだし、

永戸がオーバーラップを何度も仕掛けることができたのは、

和泉がドリブルで時間を作ることができたからですもんね。

では、何が問題なのか

思ったのですが、ザーゴ監督のサッカーって攻撃パターンが無いのではないだろうか?

明確な崩しのパターン、ゴール前にどのように人が入って行くというパターン

そういったはシンプルな約束事が存在しないのではないだろうか?

攻撃については選手に丸投げになっているから、

永戸がクロスを上げても誰もいなかったり、

染野やファン・アラーノがスペースに走り込んでもパスが来ないのではないだろうか?

6試合やっても攻撃がまったく噛み合わないのはそういうことだと思います。

遠藤が投入されると攻撃が活性化するのは、彼のキープ力と、

他の選手に比べて視野が広いこと

そして、声を出して味方に要求ができるからではないだろうか?

攻撃陣に古参の選手が居ないスタメン構成では、

個人のアイディアに丸投げのサッカーは機能しない。

大岩サッカーも過度に選手頼みというか丸投げ感が凄かったが、

ザーゴサッカーも酷いものがある。

これが改善できると判断するか、早期に交代してチームを立て直すと判断するか

鈴木満氏の決断に注視したい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク