決定力不足も打つ手が見えず・・・

スポンサーリンク

鹿島監督の嘆きがジーコジャパンを彷彿。
決定力不足も打つ手が見えず

観客を入れて行なわれたJ1リーグ第4節。浦和レッズ対鹿島アントラーズは、1-0で浦和が勝利を収めた。再開後の浦和は3戦で2勝1分け、2位と好調だ。一方の鹿島は3連敗。中断前の第1節を含めると開幕から4連敗で最下位に沈んでいる。まさにクラブ史上最悪のスタートとなった。

とはいえ、途中出場で存在感を見せた遠藤康に、悲観する様子はなかった。

「もちろん、負けたのは悔しい。でも、試合を見ていた人はわかると思うけど、チャンスらしいチャンスは与えてない。悲観する内容ではないかな、と。練習では最後の3分の1も落ち着いてできている。試合になって、特に前半は慌てていたかなと。

(試合中に4-1-4-1にシステムを変更したが)ボールは回っていたし、あとはタイミングを合わせるだけ。相手のいやがるところをつけていたので、本当に最後の部分(を向上させるだけ)。やりづらい感じもない。みんなそう思っていると思う」

やっていることと方向性に手応えはある、だから続けていけば結果は出せるだろうという自信を感じさせた。

今年の鹿島は、よりポゼッションを高めることで押し込むサッカーを志向しているようだ。浦和戦でも、特に後半は、試合を支配することには成功したと言えるだろう。だが、いかんせん得点が生まれない。4試合を見ても1得点8失点だ。

浦和戦の終盤、アントニオ・カルロス・ザーゴ監督は、ディフェンダーの町田浩樹や犬飼智也を前線に上げ、ロングボールから1点を取りにいくパワープレーを指示した。形へのこだわりを捨てて得点への執念を見せたが、それも実らなかった。

ザーゴ監督もチームの現状を、遠藤とほぼ同じように捉えていた。

「アウェーで強い相手に対して、これだけ試合を支配できることができ、チャンスを作れたのはいいことだ。自分たちのやりたいことは表現できていると思う。得点するかしないかは、シュートかパスかという選手個人の選択で、そこまで強制できない。だが、フィニッシュに持っていく過程はできていると思うし、センタリングからのシュートも打っている。シュートは練習では入っているが、試合になると入らないだけ」

ただし、公式記録によればこの日のシュート数は4本。浦和も同様に4本だったが、これは極めて少ないほうだろう。そしてシュートは打たなくては入らない。

気になるのは「シュートを選択するかしないかは個人の問題」「練習ではシュートは入っている」というコメントだ。選手をかばい、尊重しているようでありながら、どこか他人事のように聞こえるのは気のせいだろうか。

思い出すのは、ザーゴに白羽の矢を立てて鹿島に招聘したジーコだ。2006年、ドイツワールドカップの舞台に立ったジーコジャパンは、史上最高とも言われる中盤のタレントを擁しながら、得点力不足に悩んでいた。

このときの日本代表はとにかくシュート練習の多いチームで、グループリーグ最終戦となったブラジル戦の2日前は、1時間15分、練習のすべての時間をシュート練習にあてた。翌日(ブラジル戦前日)はスタジアムでの公式練習しかできないので、内容のある練習ができる貴重な1日、それもジーコジャパンとしてきちんとした練習ができる最後になるかもしれない日をシュート練習に費やしたのだ。それは、シュートを打て、決めろという明らかなメッセージではあったが……。

ブラジル戦は、玉田圭司(現V・ファーレン長崎)が豪快なミドルシュートを放って先制したが、結局4-1で敗れ、日本のグループリーグ敗退が決まった。「シュートを打て」と言い続けたジーコは、日本人の決定力のなさを最後の最後まで嘆いていたという。

ザーゴ監督は、シュート力、決定力不足を嘆いているという点で、ジーコに似ている。勝てない原因を得点力不足だと結論づけているところは共通しているのではないか。

確かに、どんなプレーを選択するかは選手個人の資質であり個性の見せどころだ。一方で、内容には手応えを感じながら、勝てない→自信がなくなる→選択が消極的になる→シュートを打たない→得点が生まれない、という負の連鎖があるのも事実だろう。

「シュートが入らない」と嘆くのではなく、ゴール前で積極的な選択を選手にさせる手腕も、指揮官には必要なのではないか。

(webスポルティーバより)
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/07/14/post_35/index.php

なかなか痛いところを突いてくるwebスポルティーバの記事ですね。

ジーコジャパンの問題まで言及して来るとは。

なんだかムカつくので反論したくなりますが、

“「シュートが入らない」と嘆くのではなく、
ゴール前で積極的な選択を選手にさせる手腕も、
指揮官には必要なのではないか。”

これについては本当にその通りなんですよね。

あと決定力の前に、決定機が少ない。

意図的なパスが確実に味方に通る決定機が本当に無い。

もちろん、エヴェラウドの空振り等々ガッカリなシーンもありましたけど、

やっぱりチャンスが少ないのが悲観の原因となっています。

仮に止められても、外しても、何度も相手を崩してゴール前に攻め込むようでないと

1失点した時点で絶望的な気分になってしまいます。

シュートシーンに持ち込む戦術なんです。

ポゼッションサッカーというのは
DFラインでボールを回すことじゃないと思っているので

高い位置でボールを回して相手を崩し、
チャンスを何度も作るサッカーを実現して貰いたい。

ザーゴにそのノウハウがあるのかどうか、
次戦のホームゲームで見せて貰いましょう。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク