名良橋晃氏の順位予想

スポンサーリンク

【名良橋晃のJ1順位予想/更新版】ACLのない川崎が2位予想。1位は組織的にバランスの良い昨季の最小失点チーム!

上位に柏を予想。エース退団の名古屋は苦戦か

2020シーズンのJ1リーグがついに再開を迎え、最大5000人の観客を入れて開催されるなど、徐々にJリーグが本来の姿を取り戻しつつある。現時点ですでに4試合が消化されているが、約4か月という長い中断期間を経て勢力図は変わるのだろうか。

ここでは、今季開幕前に『サッカーダイジェスト』誌で順位予想をしていただいた解説陣に、「降格なし」「交代枠5人」「過密日程」といった注目ポイントも踏まえ、改めて今季の順位を占ってもらった。

●名良橋晃(元鹿島アントラーズほか)
組織的にバランスの良いC大阪が1位、ACLのない川崎が2位と予想した。他に上位争いに食い込みそうな注目チームが柏だ。攻撃力があって選手層も厚く、勝利に徹するネルシーニョ監督の下で、総力戦で過密日程を乗り切れそう。ジョーが退団した名古屋は苦戦も。

●順位予想
1位:C大阪
2位:川崎
3位:柏
―▲ACL出場圏▲ー
4位:横浜
5位:FC東京
6位:鹿島
7位:G大阪
8位:広島
9位:神戸
10位:浦和
11位:札幌
12位:大分
13位:清水
14位:名古屋
15位:湘南
16位:仙台
17位:鳥栖
18位:横浜FC

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

(サッカーダイジェストWebより)

オレたちの奈良橋氏の順位予想では

鹿島アントラーズは6位となっています。

これでもかなり甘めというか希望的観測を入れてくれたんだろうな、と思います。

現時点で未勝利・無得点(OGを除く)というチームが
奇跡的に立ち直る前提で考えてくれたのでしょう。

ザーゴ体制で行くのであれば、
鹿島のメンタリティというかジーコスピリットは
完全に失われてしまうだろうし、
本当に普通のチームに成り下がる危険性が高い。

そうなってしまえば、そこそこの成績で満足することに終始して

「やろうとしてることは間違ってない。あと精度を上げるだけ。」
というコメントを最終節まで聞く羽目になる気がする。

「俺たちは勝たなくてはいけないんだ」
という気持ちが伝わって来ないんですよね。

新規加入の選手が鹿島ならではのそんな気持ちを抱けるわけがない。

鹿島アントラーズがこの順位予想に近い立ち直りを見せるとしたら、

やっぱり監督が早い段階で交代することでしか実現しない気がします。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク