「押し込むサッカー」とやらはどこに?

スポンサーリンク

 

岩政大樹氏のツイートに同感。

「よりポゼッションを高めることで押し込むサッカーを志向している」というザーゴサッカーですが、

現時点では

DFラインでボールを回すことでポゼッション率を上げて、相手に押し込まれるサッカーを志向している

としか見えない。

守備も攻撃もシステマチックに機能してないので、結局は個の力に依存するだけなんです。

しかも、新しい選手ばかりでスタメンを構成しているので、コンビネーションも存在しないので、

攻撃は単発で終わるし、守備は何度も崩されるんですよね。

ギリギリで守った後に、DFラインでボールを回し、
ボランチや二列目にボールを渡してもバックパスを選択しがち
(っていうか、攻撃がオーガナイズされてないのでバックパスしかできない)

数字上は攻撃回数が多いとザーゴは言いますが、決定機はほとんど無いし、
シュートが外れるのは、攻撃で崩し切れてないからなのが原因です。

こういった問題を次節までにどう解決するのか。
本当に「押し込むサッカー」というやつを見ることができるのだろうか。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク