横浜FM戦の感想

スポンサーリンク

勝ちました。

公式戦で勝つのは昨年の年末以来ですね。

長かった。

本当に長かった。

調子が上がり切ってないとはいえ昨年の王者である横浜FMの技ありの攻撃の連続に何度も肝を冷やしましたが、
何とか勝てました。

勝因は私が久々に小笠原満男のユニフォームを着て応援したことでしょうか。

という冗談はさておき、

ザーゴサッカーを封印して、鹿島アントラーズらしい闘いにシフトを戻したことが大きいと思います。

久々に鹿島アントラーズらしい試合を見ることができたという印象です。

両ボランチが相手の攻撃の核となる選手とエリアで激しくボールを奪い、

遠藤が前線でタメを作って味方が上がる時間を作ったことで

シュートを打てる形でFWにボールが供給されるようになりました。

古参メンバーを軸に、しっかりとした試合運びができたことが最大の勝因ではないでしょうか。

CBが左右に開いて、ボランチがその間に入って、両SBが上がるという穴だらけのサッカーを封印したザーゴについては評価したいと思います。

次節以降もこのエキセントリックなサッカーはやめて、

守備ではきちんと相手の良いところを潰し、

攻撃では相手の急所を突くという鹿島らしいサッカーで良いのではないでしょうか。

時代に合わせたサッカーをするのは大事だが、ベースを完全に壊して勝てるわけがない。
常に守るべきベースというものを見失わなかったというのが正しかったと今日は感じた。
その時代ごとにセンスや能力がアップデートされた選手が、強い地盤の上でプレイすることで強いチームが常に強豪でいられるのではないか、という気がしました。

ザーゴのサッカーでは、バイタルエリアにスペースができ、両SBの裏もスペースができるため、押し込むサッカー以前に常に決定的なピンチばかりが続いていました。

鹿島アントラーズが勝てるチームになるためにどうするべきかという答えが今日の試合にあったと思います。

次節はどんな闘いを見せてくれるのか、今後のザーゴの決断に注目しています。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク