改めて横浜FM戦の感想を

スポンサーリンク

改めて

昨日は勝てて本当に良かった。

おかげで熟睡できたし、目覚めもスッキリでした。

先週の浦和戦の後はなかなか寝付けず、夜中に何度も目を覚まし、
怒りを抱えたまま起きるという、非常に健康的に最悪な状況になりましたが

今日は別の世界のようです。

これはひとえに、ザーゴがザーゴサッカーを封印したおかげと言っていい気がしています。

鹿島には「勝てる型」っていうものが存在し、

「勝つためのマインド」「勝たなくてならないマインド」というものがある。

それを根本から壊してはいけない。

ジョルジーニョが監督の時に、中盤をボックス型からダイアモンド型にした結果、

別チームのように弱いチームになってしまったが、

今季はそれ以上の崩壊が起こるようにしか見えなかった。

次節以降にまた変なサッカーをしようとザーゴが手を加えたら、また禄でもない結果を招くことになるので注視したいと思います。

鹿島アントラーズはベースとなるサッカーがあり、

それに合う選手を獲得することで、強豪と言われるチームが次々とJ2に降格するような事態になる中でも、

「常勝」と言われる位置に君臨し、20冠ものタイトルを獲得して来ました。

時代に合わせた変化は必要だが、理念までぶち壊すような変化は不要だと思います。

 

 

そうは言っても、昨日の試合は二失点もしてるし、反省材料というか課題もありました。

レオシルバは休養が取れたことで、守備はまあまあ良かった。

でも、相変わらずロングパスがズレまくり。

長いライナー性のパスがあれだけズレてしまうと攻撃が遅れてしまう。

年齢のせいなのか、コンディションのせいなのか、そもそものスキルの問題なのか判断ができないけど、

昨シーズンはあそこまでズレまくってなかったので、これは何とかして貰いたい。

ロングキックと言えば、町田のロングフィードやクリアがピンチを招くシーンがあり、肝を冷やしました。

これは大きな課題。

若い才能だから温かく見守りたいけど、
CBというポジション柄、ミスは失点に直結するので、マジで注意して頑張って貰いたい。

アラーノはよく走るけど、助っ人としての物足りなさは相変わらずでした。

エヴェラウドが左MFという輝けるポジションで、昨日は1ゴール1アシストという結果を出し、
カットインからの鋭いシュートを何度も放って生き生きしていたのと比べると
アラーノには非常に物足りなさが残りました。
エヴェラウドの得点をアシストしたものの、もっとドリブルでの怖さが欲しいなと思います。

トップ下でも右MFでも輝けないとすれば、彼の輝けるポジションはどこになるのだろう?
トップ起用でDFラインの裏に飛び出すようなプレイなら輝くのだろうか?

広瀬もようやくアシストを決めたので、
あとは重用されている永戸には結果を残して貰いたい。

今のところ、昨季のアシスト王の実力が完全に発揮されていないので、
次節にまた起用されるのであれば、さすがにもう結果を出さないと。

さて、良いところは、やっぱりトップ下で遠藤を先発起用したところ。

第二節の時点で皆が「ヤスがトップ下に入ったら明らかに良くなった」と感じていたのに、
いつまで経ってもザーゴが自分の形に固執してスタメン起用しなかったが、

その過ちにようやく気が付いたのは本当に良かった。

古参メンバーが攻撃陣を引っ張れる位置で起用されないと、チームとしての方向性を周りに示すことができないし、
新しい選手ばかりではチームとして試合中に修正するということができない。

やはりここはヤスが必要。

キープ力、パス能力が高く、現在の攻撃陣の中で一番視野が広いと思う。

ただ、年齢的にも連戦の中でヤスがどこまで頑張れるのか分からないのが心配なところ。
彼と併用されるべき選手としては白崎が候補になるのかな。
今季は冷遇されてしまっているので、彼にも頑張って輝いて欲しい。

問題点はまだ多いものの、ようやく鹿島らしいサッカーが見れました。

今日は気持ちの良い日曜日になりそうです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク