ようやく輝きを放ったエヴェラウド

スポンサーリンク

左サイドで先発し1G1Aの鹿島FWエヴェラウド「やりやすさを感じた」

[7.18 J1第5節 鹿島4-2横浜FM カシマ]

持ち味を存分に発揮した。今季から鹿島アントラーズに加入したFWエヴェラウドは1ゴール1アシストで3得点に絡む活躍。2トップの一角ではなく、左サイドハーフで先発すると、鋭いドリブル突破に強靭なポストプレーで攻撃の起点となった。

「日本では初めて左サイドでプレーしたが、ブラジルではセンターフォワードと左サイドでプレーしていた。自分の中で真新しいことではなかったし、やりやすさを感じたので良かった」

前半4分、左サイドでボールを持つと縦に仕掛け、DF松原健の股間を抜くドリブル突破。左足の正確なクロスをファーサイドに供給し、FW上田綺世の先制点をアシストした。「キックオフ数分前に(上田を)呼んで、自分が深い位置まで運んだらファーサイドに出すとコミュニケーションを取っていた」。狙い通りの形で均衡を破ると、1-1で折り返した後半も次々とチャンスに絡んだ。

後半10分には左サイドからドリブルで中に切れこみ、右足でミドルシュート。これは枠を外れたが、同13分、自陣深い位置からのクリアボールをポストプレーでおさめ、中央のMFレオ・シルバにつなぐと、そこからのサイドチェンジでDF広瀬陸斗の折り返しに上田が合わせた。

さらに後半22分、カウンターからMFファン・アラーノの折り返しにファーサイドから走り込んだエヴェラウドがダメ押しの追加点。「1ゴール1アシストという結果を出せて自信になるし、これからも結果を出し続けたい」と安堵の表情を見せた。

「日本のサッカーは組織的で、タッチ数も少なく、ボールを速く動かすサッカー。サイドに入っても同じようなプレーを求められるが、ブラジルのウイングはボールを持ったら仕掛けたり、カットインしてシュートを打つことが求められる。日本のサッカーとは少し違うところを見せられたと思う」

チームとしても開幕からの連敗を4で止め、待望の今季初勝利。鹿島の背番号9は「苦しい時期もあったが、今日の勝利がきっかけとなり、鹿島がまた上位争いするためのスタートになったと思う」と力説した。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカより)

ようやく輝きを見せたエヴェラウドです。

左MFで起用すれば良いのに、と思いながら見ていましたが、
ようやくザーゴが自分の過ちを認めたらしく左MFでスタメン起用となりました。

これは大当たりです。

(っていうか、早く気付けよ、ザーゴ!)

彼の重戦車のような力強い突破は本当に良かった。

カットインしてからの右足一閃は凄い必殺技になりそう。

縦に突破しても正確なセンタリングでアシストを決められるので、
彼はこのまま活躍していけるのではないでしょうか。

ずっとトップ起用でズレるパスを何とか収めてゴールを決めようとしていましたが、
見ていて窮屈そうでした。
左MFというポジションでこそ彼は生きるということが証明されました。
一点目のアシストで、自信が戻ったのかもしれないですね。

このまま活躍を続けて欲しい。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク