先制ゴールの裏話

スポンサーリンク

【鹿島】「キックオフの数分前に…」エヴェラウドが先制点の上田綺世に伝えたこと

7月18日、明治安田生命J1リーグは第5節が開催され、鹿島アントラーズは横浜F・マリノスを破って今季初勝利を手に入れた。勝利を呼んだのは前半4分のFW上田綺世の先制ゴール。お膳立てしたMFエヴェラウドは試合直前、上田にある指示を伝えていた。

■2020年7月18日 J1リーグ第5節(@カシマ)
鹿島 4-2 横浜FM
得点:(鹿)上田綺世2、エヴェラウド、白崎凌兵
   (横)マルコス・ジュニオール2

 

「ファーサイドにボールを上げる」

前節までオウンゴールの1得点しか挙げられず、今季の公式戦で全敗中だった鹿島。重苦しい空気を払拭したのが、試合開始早々の前半4分に生まれたFW上田綺世の先制ゴールだった。リードした後は、同点に追いつかれても動じることなく得点を重ね、昨季のJ1チャンピオンから4得点を奪ってみせた。

大量得点のきっかけとなった先制ゴールは、この日は左サイドハーフのポジションで先発したエヴェラウドのドリブル突破からもたらされた。深い位置までボールを運び、ファーサイドで待つ上田へクロスを送る。上田はトラップしてから右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

「試合前にエヴェラウドに、『自分が縦に突破したときには必ずファー(サイド)に膨らめ』という指示をもらっていました。その通りにエヴェを信じて、ファー(サイド)に膨らんだら、良いボールが上がってきたので、あとは決めるだけでした」と、上田は自身の先制ゴールを振り返る。

エヴェラウドも、試合前の上田とのやり取りを明かす。「グラウンドの中に入り、本当にキックオフの数分前に(上田を)呼んで、『自分が深い位置までボールを運べたらファーサイドにボール(クロス)を上げるから』と、コミュニケーションを取っていました。それがきっかけで、勝利につながる得点につながったのではないかと思います」

チームに今季初勝利をもたらす先制ゴールは、2人の信頼関係によって生まれた。

「上位争いするためのスタート」

その後、前線を担う2人は勢いに乗り、ともに両チーム最多の5本のシュートを放った。上田の2ゴールに負けず劣らず、エヴェラウドも1ゴール1アシストの活躍を見せた。待望の鹿島加入後初得点に、試合後は表情がゆるむ。

「得点できたことはうれしいです。結果が出ずに苦しい時期もありましたが、今日の勝利は、鹿島がまた上位争いするためのスタートになるのではないかと思います。個人的には1ゴール1アシストという結果を出せたので、自信にもつながります。これからも(結果を)出し続けられるように頑張りたいと思います」

覚醒したブラジル人アタッカーが、さらなる巻き返しを図る鹿島をけん引する。

サッカーマガジンWebより)

上田の先制ゴールはエヴェラウドと上田の間に約束事ができていたからなんですね。

試合前にきちんとプレイのイメージができていたからこそ生まれた見事なゴールでした。
センタリングも正確で、上田のトラップも完璧でした。

あのシーンは嬉しすぎて、ただただ家の中で声を上げるだけでした。

やっぱりコミュニケーションは必須ですよね。

イメージの共有は本当に大事。

そういえば、W杯最終予選で出場を決めた試合で、中村憲剛選手が岡崎慎司選手へのパスが決め手となったことがありましたが、
あのゴールも、「俺が持ったら裏を狙え」と岡崎選手に中村選手が何度も言っていたから生まれたのでした。
中村選手がボールを持った瞬間に、岡崎選手がパスが来ることを信じてDFの裏を狙って走り出した結果、
絶妙のパスが来て、それを泥臭くゴールを決めたんですよね。

このサッカーマガジンの記事で昨日の先制ゴールの裏話を知って、
どんな有能な選手同士でも、
やっぱりコミュニケーションで意思疎通を図っておくことが必要なんだな、
と改めて思いました。

エヴェラウドも自信を回復したことでしょうし、
上田も完全に手応えを掴んだことでしょう。

そして、鹿島アントラーズ全体も勝利の味を思い出すことができました。

次節もこの2人による攻撃でゴールが生まれることを信じています。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク