湘南戦直後の感想(怒ってます)

2020-07-23

スポンサーリンク

うーーん。

ザーゴが改心して少しはまともなサッカーをする気になったのかな、と思っていたのですが、

まさかのザーゴサッカーに戻っていました。

CBが大きく開き、ボランチが間に入るという例のサッカーなのですが、

今日はボランチの2人が間に入るシーンもあり、

ボランチがCBCB2人がSBのポジションにいる状態になることもありました。

これ、引いて来る湘南が相手だからそうしてるのか、

それとも今後もこんな陣形で行くつもりなんでしょうか。

先発はいばしんの予想に反してレオシルバが先発で三竿が控えとなりました。

また、重用されていた永戸ではなく杉岡が満を持しての先発。

三竿が前節の交代時に一悶着あったとかなかったとかいう噂がありましたが

後半にも投入されずにアラーノがボランチをやるシーンがあったので、

マジなのかもしれないな、と思いました。

レオシルバは前半にいいロングフィードがあり、

連戦にもかかわらずなかなか良かった。

でも、交代させるなら三竿でしょう?

ポゼッション率が高いが、相変わらずDFラインで回すシーンが多いです。

ボランチから縦パスが出るものの、それが通らないのでチャンスを作れない。

エヴェラウドは怖さを時折見せたが、決定的なシーンを演出するまでに至らない。

杉岡は初先発を勝ち取ったものの、前半はまるで怖さが無く物足りませんでした。

後半は奮闘しましたが、彼はこんなもんじゃないはず。

もっと力強いオーバーラップを見たい。

前半は個人が奮闘するものの、

もう一つのところで噛み合わず決定的な無いまま終わりました。

逆に湘南はカウンターから何度か決定的なシーンを作っており、

このままだとワンミスでまた失点しそうな空気を感じました。

まるで浦和戦までの鹿島アントラーズに戻ったような状態。

これをハーフタイムにどこまで修正できるのか、ザーゴの手腕に期待していたのですが、

後半の序盤こそテンポ良く攻撃できていたものの、

やっぱり修正ができておらず湘南のカウンターに襲われて何度もヤバイ状況がありました。

たまたまキックの質と精度に助けられただけで失点までは行かなかったものの、

簡単に突破されるのは本当に肝を冷やしながら見ていたのですが、

CKでまんまと失点してしまいました。

こうなってしまうとザーゴのサッカーで同点・逆転は難しい。

レオシルバとエヴェラウドを下げて和泉と染野を投入して、

先に投入されていたアラーノにボランチをやらせる意味って何?

本職でないボランチに奔走して攻撃力を発揮できないアラーノ、

またしても2列目で起用されて得点力を発揮できない染野。

やっぱりザーゴの目は節穴だし、ザーゴのサッカーでは勝てないということを証明することになりました。

これで「やってることは間違ってない」と言われましても、現に負けてるわけで、プロである以上負けるってことは「間違い」なわけです。

相手に数少ない脅威を与えていたエヴェラウドと上田が去った後は得点のニオイどころか失点の匂いが強まるばかりで、必死に応援しながら見ているものの、苦しさしかありませんでした。

前節で今季初勝利を挙げたのに、

今節は湘南に今季初勝利をプレゼントすることになりました。

これでいいのでしょうか?

ボールを保持して崩す?

ザーゴにはそんなサッカーができるとはとても思えないです。

こんなサッカーしかできないのなら、さすがに解任で良いのではないでしょうか?

能力の高い選手が奮闘しているのに、指揮官のせいで勝てないのが本当に悔しいです。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク