シュート12本空砲

スポンサーリンク

《明治安田J1》第6節 鹿島再び攻撃不発 シュート12本空砲

◇明治安田J1第6節(湘南1-0鹿島、22日・ShonanBMWスタジアム平塚)

前節の快勝から一転、再び攻撃が不発に終わった。

鹿島は12本のシュートが実らず零敗。永木は「崩しの部分やアタッキングサードのミスが多い。改善しないといけない」と険しい表情で振り返った。

前節とは対照的に、鹿島がボールを保持し、相手がカウンターを狙った。鹿島は左右に揺さぶりながら縦パスを差して、じりじりと敵陣に侵攻したが、5バックを敷く相手がコンパクトな陣形を組み、素早く寄せてきて、崩すきっかけをつくらせてくれない。

永木は「(相手が)前から来ないで引いた。もっと(プレスが)来ると思った。引かれたのでサイドチェンジも有効ではなくなった」と語り、予想外の状況だったことを強調した。

それでも先に得点機を迎えたのは鹿島だった。後半14分、センターバック犬飼のロングパスに抜け出した上田が右足を振り抜いた。

しかし、右ポストに嫌われ、そのこぼれ球に反応した白崎も詰め切れなかった。好機を逃すと21分、CKから失点した。

その後はさらに攻勢に出た。終了間際、広瀬の右クロスを遠いサイドの伊藤が落とし、中央の土居が滑り込みながら右足で押し込んだが、枠から外れた。

今季初勝利を挙げた前節のメンバーから4人を入れ替えた。ザーゴ監督はその理由について「ファンアラーノが痛みを感じ、三竿が張りがあると交代を申し出た。遠藤は連戦ができる状況じゃない。長い治療を避けたかったし、週末の試合もある」と明かした。

連勝を逃した上に、選手のコンディションに不安要素がある中、26日にFC東京戦がやってくる。

茨城新聞クロスアイより)

三竿が前節の交代時にひと悶着あったとかいう話はただの噂だったのかもしれないですね。
コンディションの問題というザーゴの話をどこまで信用できるか微妙ですが、
次節以降に三竿が出場するかどうか注視したいと思います。

それにしても、無能の極みとしか言いようのないザーゴです。
スタメン構成、ベンチ要員もおかしいですし、やってるサッカーにも不信感しか抱けません。
横浜FM戦ではボランチがボランチらしく、CBやSBもそのポジションらしい働きを見せていたのに、
またしてもザーゴ流で壊してしまいました。

中三日でまた試合がやって来てしまいますが、どうなってしまうのでしょうか。
ザーゴでは修正は不可能なので、フロントに動いてもらうしかないと思うのですが。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク