今季5敗目もザーゴ監督「間違っていない」

スポンサーリンク

【鹿島】悩める常勝軍団…今季5敗目もザーゴ監督「間違っていない」

7月22日、明治安田生命J1リーグ第6節が各地で行なわれた。鹿島アントラーズは0-1で湘南ベルマーレに敗れ、早くも5敗目。主要タイトル20冠を獲得してきた常勝軍団がトンネルを抜け出せずにいる。

■2020年7月22日 J1リーグ第6節(@BMWス:観衆3,498人)
湘南 1-0 鹿島
得点:(湘)石原直樹

乏しい攻撃のアイデア

またしても悪循環に陥った。ボールを支配しながら得点を奪えず、先制点を献上。その後は相手に守りを固められ、そのまま試合終了のホイッスルを迎えた。敗戦後、ザーゴ監督は次のように振り返った。

「予想通りの試合展開になった。一方のチームが攻撃して、もう一方のチームが守備をする。彼らの戦法は分かっていたが、そのまま実行された。先制点のチャンスがあったが、それを決めることができず、一つのセットプレーから失点してしまった。そのあとも同点、逆転のチャンスがありながら、それを決めることができなかった」

少ないチャンスを物にし、勝利をもぎ取る。それは鹿島の専売特許だったはず。だが、今季の鹿島は相手にお株を奪われてばかりいる。

ザーゴ監督の下、リアクションサッカーからの脱却を目指す今季。湘南戦でも最終ラインから攻撃を展開するスタイルを貫いたが、つなぎの部分でミスを犯し、簡単にカウンターを許す場面も見られた。「ボールは保持できたけど、自分たちの目指しているサッカーはできなかった」と語ったのは、この試合でキャプテンマークを巻いた永木亮太。理想と現実の差はいまだ大きい。

攻撃サッカーを掲げるものの、敵陣での崩しのアイデアが乏しく、最終的にクロス一辺倒となる悪癖も改善されていない。前節の横浜F・マリノス戦では上田綺世がクロスから2得点を挙げたが、湘南戦ではゴール前を固められ、頼りのエースも不発。今季4度目の無得点に終わった。

ACLプレーオフ、ルヴァン杯も含めると今季公式戦の戦績は1勝7敗。それだけにザーゴ監督の「やっていることは間違っていない」という言葉もむなしく響く。前節の初勝利で光が見えたかに思われたが、トンネルの出口はまだ遠い。

サッカーマガジンWebより)

攻撃のアイディアが皆無で、
後ろでボールを回し、
無駄に時間が流れて行くというザーゴのポゼッションサッカーにより、
愛する鹿島アントラーズが、またしても敗けてしまいましたが、
ザーゴによれば「予想通りの試合展開になった」とのこと。

この状況でも「やってることは間違ってない」というザーゴの禿げ上がった頭の中は大丈夫なのでしょうか。

頼むから辞めて欲しい。

大岩サッカーより酷いサッカーをする監督っていることにこっちは驚いていますよ。

それにしてもメルカリがスポンサーになり、
鹿島アントラーズを買収し、小泉社長になってから碌なことになってない気がしてならない。

チームの方針転換は誰の指示によるものなのか。
もし小泉社長によるものであるならば、
自分の誤りを認めてすぐに軌道修正をすべきだし、
そうでないならば、その方針転換に舵を切ったフロント陣にすぐに軌道修正の指示を出すべきではないだろうか。

俺たちは大岩サッカーで3シーズンも無駄にしてしまった。

同じ過ちをまた繰り返すのだろうか。

ザーゴが指揮官でいる限り、トンネルの出口はまだまだ遠いと思う。
っていうか、出口はないかも。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク