必要なのは「脱・ブラジル流」ではなく「脱・ザーゴ流」では?

スポンサーリンク

【鹿島】「DFより絶対に一歩早くなる」“もらい手”の伊藤翔が考える得点力不足の打開策

「“着地点”が各自でふわふわしていると上手くいかない」

5節の横浜戦では4ゴールを奪取して今季初勝利を挙げたが、続く直近の湘南戦は0-1の完封負け。チャンスは作りながらも決め切れず、連勝は飾れなかった。

7月24日のオンライン取材で得点面の課題について聞かれた伊藤翔は、「良い時は前に前にボールを運ぶ、前に出そうという意識があるけど、出せるのにやめちゃう、そこで取られて失点するのは嫌だしとか、悪い循環の中で戦っている」と応じた。

FWとして最前線でスタンバイする伊藤も「このタイミングで欲しいっていう時はもちろんある」と感じつつ、「見ていてあえて出さないのか、出せなかったのか、見ていないのか。いろいろあるだろうけど、見ていて出さないなら“思い切り”は必要だと思う」と私見を述べる。

さらに伊藤は「完成形っていうのが」というフレーズとともに、現状の攻撃面について次のように持論を展開する。

「こうなったらこのプレー、この一連のプレーが成功というふうに、共通理解ができていればいいけど、そこの“着地点”が各自でふわふわしていると上手くいかない。そこはもう少し、あてはめていってもいいだろうし、選手同士の話も必要だと思う」

チームとして、同じ着地点にいかに到達できるか。どれだけ完成形をイメージして連動しながらゴールを陥れられるか。伊藤自身、「3分の2までは、ある程度、この位置に立って、こうやっていこうというのはある」と手応えを語る。問題は、そこから先。「それは去年も鹿島の課題だったと思うけど」と考えている伊藤は、ラストパスの受け手として、ひとつの改善策を口にする。

「出し手はここ、もらい手はここ、って決めておいたほうが、DFより絶対に一歩早くなる。先に動き出せるから、チャンスができたり、ゴールにつながったりする。即興性で相手より半歩でも先手を取れるかどうかは、今はちょっと難しいところもあるので、それだったら“こういう時はここ”って決めてやってもいいかもしれない」

最終的に敵陣のバイタルエリアを攻略できなければ、安定しつつあるビルドアップも無用の長物になる。ゴールチャンスの頻度とともに、フィニッシュの確率をさらに高めるために、ラスト3分の1のパターン化は得点力不足を解消する一手になるかもしれない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェストWebより)

なるほど。伊藤翔のFWからの視点でボールが来ないことを指摘しています。

これは見てる側も「なぜ出さない?」と感じていたので

選手も同じように思っていたのですね。

なぜ後ろでボールを持つだけで前に出さないんでしょうね。

これは絶対にザーゴの指示によるものでしょう。

プロで、J1の第一線で闘って実績を上げて来た選手たちが、

パスを出すタイミングを共有できてないというのは、

指揮官の指示が邪魔してるからなんじゃないかと思うんですよ。

レベルの高い選手ほど、すぐに分かり合えるところってあるじゃないですか。

今季は本当に噛み合わない中で試合をしているのが目に付いて

見ていて「これって鹿島?」と思ってしまうことが多々あります。

ボールを保持することばかり重要視していて

攻撃についてはほぼ丸投げなのがザーゴ流なので、

選手間で決めごとでも何でもして、なんとかそこを自力でクリアして行くしかなさそうです。

っていうか、こんな監督って必要ですか?

これがシーズン前に謳っていた「脱・ブラジル流」ですか?

選手間で決めごとをして試合しても、限界はあるし

選手が入れ替わったらまたゼロになりますよね?

やはり、鹿島が勝つには「脱・ブラジル流」ではなく「脱・ザーゴ流」で行くしかないと思います。

着地点の共有をさせるのが監督の役目です。それができない無能監督には退陣して貰うしかありません。

ザーゴに手腕に疑問していることに対して、謝罪して手のひら返しをする用意はいつでもできてますが、

きっとその日は来ない気がします。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク