FC東京戦の試合直後の感想

スポンサーリンク

連休最終日のホームゲームでしたが、引き分けという微妙な結果に終わりました。

相変わらずのザーゴサッカー炸裂でしたね。

なんだろう?

なぜゴールキックの時にCBがゴールラインのすぐ手前まで下がる必要があるわけ?

っていうか、CB2人ともペナルティエリア内でGKとほとんど同じ高さにいるとかいう光景が不思議過ぎます。

しまいにはSBまでもゴールラインまで下がってたりする時もありました。

ゴールラインからどうやってパスを繋いで敵陣まで攻め込めるんでしょうか?

GKがボールをキャッチした後もパントキックを禁止されているらしく、

PA付近にまだ相手選手が数人いる中でも、DFにボールをゴロで渡すというのも継続中です。

ロンドン五輪の準決勝で、日本代表はそれをやった結果、まんまとボールを取られて失点しましたが、

あの時は「なぜあの状況でパントキックをしないんだ?」という批判の声が嵐のようにありましたよね。

この記事を書いているのは試合直後なので、ザーゴの談話を聞いてませんけど、

きっと「チャンスは作れていた。やっていることは間違ってない。あとは精度の問題だ。」

というお決まりのセリフを吐いていることでしょう。

本当にウンザリなので辞めて欲しい。

小泉社長は、IT企業の会長でありながら判断が遅いですね。

鈴木満氏も国内タイトルを全て獲得した石井監督は簡単にクビにしたくせに

大岩やザーゴはなぜクビにしないのでしょうか?理解に苦しみます。

 

さて、怒りに任せて書いていますが、

試合内容は、湘南戦よりはマシではありました。

ただ、遠藤の出来が良くなかったのが残念。

土居へのアシストは素晴らしかったんですけど、パスは相手に引っかかるし

シュートは惜しいのが何本もありました。どれか一本でも決めてくれていれば・・・。

そうは言っても、他に遠藤の代わりをできる選手はいないので、次節までに改善して欲しい。

CBは・・・・、まだ不安定というか盤石と言えるレベルに達してないですね。

普通ならポジションを取られてもおかしくない状況にかかわらず、

ザーゴはこのまま使い続けるつもりのようなので、

犬飼と町田はこんなチャンスはなかなか無いと思うので頑張ってほしい。

 

それにしてもいつまでザーゴの糞サッカーが続くのだろうか。

解任という吉報が明日こそ届くことを願っています。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク