東京戦の採点と攻撃陣の課題を考える

スポンサーリンク

ホームゲームでの引き分けから丸一日以上経過したので

若干怒りと落胆から回復して来ました。

そんな中で改めてサッカーダイジェストWebの採点を見直しているのですが、

 

【チーム採点・寸評】
鹿島 6
先制しながらも逆転された前半はなかなかリズムを掴めず、相手のCK時の対応に課題を残す。後半は息を吹き返して、ボールを握りながら攻勢を強めて、同点に。上位チームを相手に逞しく戦った。

【鹿島|採点・寸評】
GK
1 クォン・スンテ 5.5
開始早々のピンチはストップしたが、その後CKからふたつのゴールを許す。2失点目は目の前で森重に決められた。

DF
22 広瀬陸斗 6.5
機を見た攻め上がりから正確なクロスでエヴェラウドの先制点をアシスト。最後までアグレッシブに走り回った。

39 犬飼智也 5.5
CK時の守備に課題。流れを切るイージーなパスミスもあった。80分には惜しいヘディングシュートを放つ。

28 町田浩樹 6
気の利いたカバーリングで危ない場面を作らせず。42分にはCKにヘッドで合わせたが、これはバーに嫌われる。

14 永戸勝也 6
ハードなチャージで相手の侵入を簡単に許さなかった。前線の味方の動きをよく見て、タイミング良くパスを出した。

MF
20 三竿健斗 5.5
持ち味のボール奪取をいかんなく発揮した一方、1失点目はスコアラーの渡辺を捕まえきれなかったことが悔やまれる。

4 レオ・シルバ 6(84分OUT)
とりわけ後半はシンプルかつ効果的な配給で攻撃を下支え。三竿との攻守のバランスも申し分なかった。

MF
7 ファン・アラーノ 5.5(67分OUT)
守備時の寄せのスピードがやや遅かったか。攻撃面でも高いテクニックを活かし切れていなかった印象だ。

9 エヴェラウド 6.5
広瀬のクロスをヘッドで叩き込み、先制点をゲット。カットインからの強烈な右足ショットや軽やかなバイシクルシュートなど、脅威を与え続けた。

FW
25 遠藤 康 7 MAN OF THE MATCH
エヴェラウドの得点場面ではアシストした広瀬に好パス。さらに柔らかい浮き球のパスで土居の同点弾をお膳立て。85分には、惜しくも決まらなかったが相手の虚をつくループシュート。48分の決定機も含めて、シュート本数は両チーム通じて最多の6本。見せ場は多かった。

15 伊藤 翔 6.5(67分OUT)
決定的な仕事はなかったが、味方にスペースを与えるフリーラン、敵のラインを下げさせる裏への動き出し、丁寧なポストプレーなど貢献度は高かった。

途中出場
MF
11 和泉竜司 6(67分IN)
2列目の左サイドに入る。遠藤とのワンツーで土居のゴールに絡んだほか、守備も精力的にこなした。

MF
8 土居聖真 6.5(67分IN)
2列目の右サイドでプレー。69分のヘディングシュートは威力がなかったが、75分には鮮やかなボレーシュートで値千金の同点ゴールを突き刺す。

MF
6 永木亮太 ―(84分IN)
オープンな展開のなか、不用意にスペースを空けず、中盤の守備の強度を保ちながら、チーム全体を引き締めた。

監督
ザーゴ 6
途中出場させた土居と和泉が同点弾を演出するなど、交代策がハマり、難敵相手に勝点1をもぎとった。

サッカーダイジェストWebより)

 

 

採点しているのが広島由寛記者なので、かなり甘めの採点となっています。

すごく甘すぎますよね。

でも、遠藤のMOMには同意です。

今の鹿島でジーコスピリットをスタメン出場で体現できるのはヤスしかいません。

彼が攻撃を牽引しているのは明らかですからね。

そうは言っても7は高過ぎかな。

守備は課題が多すぎるので別の機会に書くとして、

攻撃の課題はアラーノと上田不在となった1トップの適任者探しです。

アラーノは個人技のレベルが高くドリブルとスピードが売りという前評判だった気がします。

そこで、カイオのような選手を期待していたのですが、

カイオが別次元の凄さだったのかもしれませんけど、

今のところアラーノがカイオのようなレベルではないことは明らかです。

これなら名古や松村などを起用した方が良い結果が出そうな気がします。

あと、1トップですけど

広島記者は伊藤に6.5という高評価を付けていますが、

どうでしょうか。

個人的には5ぐらいの評価です。

PA内でボールを持ってもシュートまで持ち込めない、チェイシングも迫力が無く

身体が終始重そうな印象を受けました。

他チームのFWに比べて怖さが足りない感じです。

例えば、興梠選手や小林悠選手のように、ボールが渡った瞬間に脅威しか感じない、そんな怖さがありませんでした。

スピードやキレで勝負する選手ではないですし、

駆け引きとか、一瞬のプレイの精度でプレイするタイプなので、

個人の閃き頼みのザーゴサッカーだと苦戦してしまうのかもしれません。

なので、ここは染野の先発起用を考えて欲しい。

彼のポテンシャルはFWでこそ生きるので、次節はなんとしてもFW起用して貰ってプロ初得点を決めて欲しいなあ、と思っています。

いずれにせよ、夏場の補強としてFWを獲得が急務だと思います。

もちろん監督交代もね。

ランキング参加してます。応援いただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

スポンサーリンク